Apple Watchで車を操作!?非公式アプリが登場

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

カレンダーやマップ、メールの確認など、多彩な機能を持つApple Watch。今年の発売を楽しみにしている人も多いと思います。

もちろん、標準アプリ以外にもiPhoneのようにたくさんのアプリを楽しめることもウリの一つですが、なんと、非公式に車の操作までできるアプリを作ってしまった人たちがいましたよ。

思わず「アリかも!」と思わせるApple Watchの可能性に注目です。

ドアの鍵の開閉や、エアコンの調節などなど

まずはさも実際に存在しそうなデモ映像をご覧ください。

「Apple Watchを使ってテスラの車はどこまで運転できるだろうか」と題された実験でElekslabsというグループが、テスラの自動車を遠隔で操作するためのアプリを実験的に作りました。

運転までは想定していないようですが、具体的には

  • メイン画面…バッテリーや温度、走行距離などを含む概要を表示
  • メニューの制御画面…ロックの制御やヘッドライトなどのオンオフ切り替えなどのメニュー。
  • バッテリー画面…カーバッテリーの詳細表示画面。
  • 空調画面…車内の温度を表示したり、エアコンの温度を設定する画面。
  • 場所画面…車がいる場所のマップを表示する画面。
  • 概要画面…車の状態を表す画面。

の6画面を作ったようです。

これらの画面で、Apple Watchから

  • ドアロックの開閉
  • エアコンの調節
  • 車が今いる場所のマップ表示
  • クラクションを鳴らす
  • ヘッドライト点灯、消灯 

などができるようになっています。どれも手元ですぐに知ったり調整したりできたら便利なものばかりですね。

テスラの公式のアプリではありませんが、もし公式としてリリースされることになればこれ以上にシームレスな連携が期待できそうです。

開発者はまた、「アップルが現在開発者に提供しているApple Watchのエミュレータは、まだできることが限られており、当初予定していたアイデアの多くは実現することができていない」と述べています。

iPhoneの初期がそうであったように、時期が経つごとに開発者が使える機能が増えていくと予想されます。車に限らず、様々なところでApple Watchと連携する日が来るのを楽しみに待ちましょう!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事