パソコンの容量を節約!「Dropbox」で自分のパソコンと同期しないフォルダを作る方法

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

先日、簡単に容量を増やす方法をご紹介した「Dropbox」ですが、使う容量が増えてくるとパソコンにあるDropboxフォルダも容量が増えるので空き容量を圧迫してしまいます。

そこで覚えておくと便利なのが、パソコンのDropboxフォルダとは同期せずにサーバー上にだけ保存できるフォルダを作る方法です。

これを覚えて大事なデータだけ同期するようにすれば、パソコンの容量を節約できますよ!

Dropboxのソフトから設定を変えるだけですぐにできる!

今回ご紹介する小技はDropboxのヘルプで「選択型同期を使用してコンピュータの空き容量を節約するには」というタイトルで紹介されていました。

その手順をMacでやった場合を例にしてご紹介しますね。

まずはメニューバーのDropboxアイコンをクリックして、右下にある歯車アイコンから”基本設定“を開きます。

開いた設定にあるアカウントの項目を見ると、「選択型同期」とあるので”設定を変更…“をクリック。

するとパソコン内のDropboxフォルダの中身が表示されるので、パソコンに保存しておかなくてもよいフォルダのチェックを外します。

チェックを外したフォルダはサーバーと同期されなくなり、パソコンからは削除されます。と言ってもDropboxのサーバーには残っているのでご安心を。

この設定はファルダの中にあるフォルダにも個別に指定もできるので、かなり細かく同期を使い分けることができます。

たったこれだけでサーバーとの同期設定を変更できるので、同期を外したフォルダ分サクッとパソコンの空き容量を増やせますよ

パソコンの容量を圧迫したくなかったら、web版のDropboxだけを使うという方法もあるのですが、何かのトラブルでネットに繋がらないという場合もありえます。

同期はかしこく使い分けて、必要なデータだけはパソコンに同期して保存しておけるこの方法、ぜひ活用してみてくださいね。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事