そんな偶然ってある?中国で”盗んだiPhone”が”盗まれたiPhone”だったという事件が発生

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

真実は小説より奇なり…そんなことわざ通りの事件が中国で発生しました。

なんと「盗んだiPhone」が「盗まれたiPhone」だったとのこと。一体どういうことなんでしょうか?

巡り巡って…?

中国のメディア新藍網によると中国人女性、小玲さん(19)が必死に貯めたお金でiPhoneを購入したところ、すぐに誰かに盗まれてしまったそう。

小玲さんは、付き合っている彼氏に盗まれたことを報告。彼氏は最初こそ「なんでしっかりと管理していなかったんだ!」と彼女を責めたそうですが、そのうちに「俺が誰かのiPhoneを盗んでお前にプレゼントしてやる」と発言。

その言葉通り、彼氏は自分の同僚が使っているiPhoneに目を付け、本当に盗んでしまったんだとか…!

彼氏はそのiPhoneを小玲さんにプレゼントした…はずでしたが、なんとお金に目が眩んだのか、その盗んだiPhoneをリサイクルショップに売ろうと思案。しかしショップの前で挙動不審な行動をとっている彼氏を警官が怪しみ、最終的に逮捕されてしまったそうです。

そして驚くのはここから。彼氏の取り調べが進むうち、iPhoneを盗まれた同僚にも出頭命令が…。

なんと彼氏が盗んだ同僚のiPhoneは、本当に小玲さんのiPhoneだったんだとか!結局、その同僚も逮捕され一連の事件は終わりを告げたようです。

こんな偶然に偶然を重ねた事件って本当にあるものなんですね…w 小玲さんとしては自分で買ったiPhoneが戻ってきて一件落着…といったところでしょうか。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事