iOS 8に新たなバグ! カレンダーの予定がGMT(グリニッジ標準時)で登録されてしまう不具合

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iOS 8に新たなバグが…。今回発見されたのは、標準カレンダーアプリに入力した予定の時間がGMT(グリニッジ標準時)で登録されてしまうという不具合

通常時には発生しませんが、Googleカレンダーなどと連携させることで発生する現象(Apple サポートコミュニティ)とのこと。

残念ながら今のところ明確な原因や対処法はないようです…。

サードパーティー製アプリを使うしかない

今回のバグは、iOSカレンダーをGoogleやMicrosoft Exchangeと連携し、その状態で予定を登録することで発生するそうです。

以下のように時刻の横に(GMT)という表記が出現し、実際とは異なる時刻が表示されるとのこと。

ちなみに外部サービスとの連携をしていない場合や、iCloudと連携してい利用している場合には、以下のように表記に問題は発生しませんでした。

今のところバグを回避する方法は見つかっておらず、代わりにサードパーティ製のカレンダーアプリを利用するしかないといった状況のようです。

もし同じような不具合に遭遇してしまった場合は、アップデートによる不具合解消を待ちつつ他のカレンダーアプリを利用するようにしましょう!

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事