人間関係も機械まかせに?スマートウォッチと連動し「関係を切るべき人」を自動で判断するアプリが登場

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

ついに自分の気持ちまで機械に判断してもらう日が来てしまいました…。

アーティストのLauren McCarthyとKyle McDonaldは、心拍計と連動するアプリ「pplkpr」を開発。

なんと「もう交流しないほうがいい相手」を判断し、SNSの”友だち解除”や”ブロック”、”フォロー解除”などを自動的にやってくれるそうです…。

自分の気持ちも機械で自動的に判断

今回リリースされたpplkprは、心拍計と連動するiOSアプリ。

特定の誰かと会っている際、心拍計機能の付いたスマートウォッチで心拍数を測り、その変化から「この人といると楽しい」「つまらない」「不安を感じる」「穏やかな気分になる」などを判断してくれるというもの。

アプリは、誰と何時に会ってどういう気分になったかなどを詳細に見られる機能や、「楽しい」など感情別の友だち一覧まで見ることができます。

さらに特定の誰かと会うことによってストレスを感じていると判断された場合、「もう関係を切ったらどうですか?」と言わんばかりに、SNSの友だち解除やブロック、フォロー解除の提案までしてくれるそう…。

逆に、楽しさを感じたり穏やかな気分になれるなど「良い関係」と判断した場合には、「遊びに誘ってはいかがですか?」なども提案してくれるとか。

ちなみに「pplkpr」アプリは心拍数が測れるスマートウォッチならなんでも使えるようで、今春にも発売される予定のApple Watchでも使用可能とのこと。

「アプリが交流しないほうが良いって言ってるから…」と人間関係を決めてしまう日がそこまで来ているのでしょうか?自分の心拍数に嘘はないとは言え、なんだか複雑な気持ちになりますね…。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:pplkpr, TechCrunch

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事