【小技】海外サイトを”タダで”英語のリスニング教材にしてしまう方法

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

いざ英語をリスニングから勉強しようかな〜と思っても、勉強用のアプリは山のように出ていてどれを選んだらよいか分かりませんよね。

でも、そんな事に悩まなくてもいい”iPhoneの標準機能だけで海外サイトを英語のリスニング教材にしてしまう方法“があるんです。

iPhoneの標準機能だからもちろんタダ!リスニングのジャンルも自分で選べるので勉強がはかどりますよ〜!

アクセシビリティの読み上げ機能を活用

iPhoneにはもともとアクセシビリティ機能の一つとしてテキストの読み上げ機能が付いているんです。これを応用したのが今回の小技になります。

それではまず下準備をしていきますよ〜。設定の 一般アクセシビリティ と進みます。

そうしたら、視覚サポートにある スピーチにすすみ””選択項目の読み上げ“をオンにして、 までいきます。

続いて英語(アメリカ)を選んだら、 Alexを選びましょう。音声データのダウンロードが必要になりますが、これiOS 8から加わった高音質の読み上げボイスなんですよ。

この画面で一番下までスクロールすると、読み上げる速度を調整できるので最初はゆっくり目、慣れてきたら少しづつ早くするといった使い方ができます。

以上で準備は完了!では実際に英語サイトを開いて、テキスト読み上げ機能を試してみますよ〜。

 

聞きたいテキストを選択したら読み上げを選ぶだけでOK

それでは試していきます。今回はいつもiPhoneに関する有益な情報を教えてくれる海外サイト9To5Macをsafariで開きます。

あとは読みあげたい文章を選択すれば、”読み上げ“という項目が出てくるのでこれを押すと流暢な英語が流れてきますよ〜。

英語の文章であれば海外サイトならどこでも使えるので、自分の興味のあるジャンルでやれば勉強が捗ることまちがいなしですよ。

さらに、声の設定を英語以外に設定して、その言語の海外サイトにアクセスすれば他の外国語の勉強もできちゃうので応用範囲は広いです。

これから英語などの外国語を勉強しようと思っている方はアプリを使う前にぜひこの読み上げ機能を試してみてくださいね!


関連記事