「Kraftwerk」3秒のチャージでiPhoneを11台も充電可能!手軽に持ち運べる燃料電池が凄いぞ

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

スマホを外出先で充電することができて便利なモバイルバッテリーですが、使うためにはあらかじめ長時間の充電が必要ですよね。

でも今回発表された「Kraftwerk」は、なんとたった3秒チャージすることで、およそ11台ものiPhoneを充電することができるんです。

これが普通に販売されるようになったら、世界が変わりそうですね…!

ライターガスで発電可能

「Kraftwerk」の公式動画が公開されているので、まずはコチラを御覧ください。

ドイツのエンジニアチームによって開発された「Kraftwerk」は、コンビニなどで簡単に手に入るライターガスをたった3秒チャージするだけで、11台ものiPhoneを充電することができる燃料電池。

燃料電池と聞くととっても大きくてゴツイようなイメージがありますが、「Kraftwerk」はそんなことはありません。

大きさは奥行きが10cm、幅が7cm、厚さが3cm程度の手の平サイズで、ガス満タン時でも重さは200gと一般的な缶コーヒー(190ml)と同じ程度の重さとなっており、とっても軽量!

USBでつながるデバイスならなんでも充電することができるので、スマホやタブレットなど様々なデバイスの充電に活躍しそうです。

ガスで発電する仕組みについては、既に日本でも実用化が進んでいるエネファームと同じで、ガスから水素を取り出し空気中の酸素と反応させることによって発電を行っているんだとか。

販売を予定しているカラーバリエーションは、シルバー、イエロー、ホワイトの三色。

現在クラウドファインディングサービスのKickstarterにて出資者を募集中ですが、開始3日で希望額の50万ドルのほぼ半分を集めてしまうほど注目されているので、販売される日もそう遠くなさそうです!

「Kraftwerk」が発売されれば、iPhoneのバッテリーを全く気にしない使い方ができるので、外出先で今までよりもっと自由にiPhoneを使うことができそうですね。気になる方はコチラから投資を検討してみてはいかがでしょうか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Kickstarter

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事