容量不足のiPhoneも「iBRIDGE」で解決!MicroSDのように外部ストレージとして使えるぞ

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

ガラケーやAndroidでは普通に使える外部ストレージのMicroSDですが、みなさん御存知の通りiPhoneでは使うことができないため、「iPhone本体の容量が足りなくて写真や動画が撮れない><」なんて経験したことある方も少なくないはず。

ですが、そんな悩みは今回発売開始された「iBRIDGE」で解決するかもしれません。なんと「iBRIDGE」はiPhoneに挿すだけで容量を追加することができるんです!

iPhoneに挿すだけで容量が追加される「iBRIDGE」

今回発売された「iBRIDGE」は、アルファベットの「J」のような形が特徴的な外部ストレージ。

USBとLightningコネクタが搭載されており、iPhoneに接続するとこんな感じでフィットするように作られています。ケースを付けたままでも使えるのが嬉しいですね。

使い方としては、写真や動画、音楽などを「iBRIDGE」に入れておくと専用アプリから閲覧や再生が可能。

さらに専用アプリにカメラ機能があるので、そこから撮影すれば「iBRIDGE」に直接保存することもできます。

さらに保存できるのは写真や動画だけではありませんよ。「iBRIDGE」は、

  • iPhoneのバックアップデータ
  • PDFファイル
  • Mircrosoft PowerPoint
  • Mircrosoft Excel
  • Mircrosoft Word
  • Zipファイル

など各種データも保存可能なんです。これなら「iPhoneに色々詰め込みすぎて容量が足りない!」なんてことももうなくなりそうですね!

気になるお値段は、容量ごとに価格が違い、

  • 16GB:59.99ドル(約7,200円)
  • 32GB:79.99ドル(約9,500円)
  • 64GB:119.99ドル(約14,000円)
  • 128GB:199.99ドル(約24,000円)
  • 256GB:399.99ドル(約48,000円)

となっています。

PCをあまり使わない方や持っていない方にとっては、救世主とも呼べる外部ストレージ「iBRIDGE」。気になる方はぜひこちらからチェックしてみてくださいね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Leef iBRIDGE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事