iPhoneの動画をなめらかな60fpsモードで撮影する方法

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iPhone 6/6 Plusでは、動画をなめらかに撮影できる60fpsモードを利用することができます。

今回は、この60fpsモードを有効にする方法をご紹介したいと思います!なめらかな映像を撮影したい方はぜひチェックしておきましょう!!

30fpsと60fpsはこんなに違う

まず見ていただきたいのが以下の映像。通常時の30fpsで撮影した動画と、60fpsモードで撮影した動画を比較したものです。ひと目見るだけですぐに違いが分かると思いますが、やはり60fpsは映像がなめらかですよね。

そもそも「fps」とは、映像のコマを1秒間に何回書き換えているかを表した指標のことを言います。

この数字が30から60に2倍になれば、映像のコマを1秒間に書き換える回数も2倍となり、なめらかな映像を作ることができるというわけです!

設定方法はとっても簡単。設定アプリを起動して、「写真とカメラ」を選択。下部にある「60 fpsでビデオを撮影」をオンにすれば完了です。

これだけでカクつきの少ない映像を撮影できます。動画撮影をすることが多い方は、ぜひ試してみてください!!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事