12月1日スタート! 新宿や六本木など東京の地下鉄143駅で無料Wi‐Fiサービスを開始

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

東京都交通局及び東京メトロが、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを前に、2014年12月1日から、新宿や六本木など訪日外国人の利用が多い143駅無料Wi-Fiサービスを開始すると発表しました。

この無料Wi-Fiは「NTT Broadband Platform」が提供するもので、それぞれ都営地下鉄の駅は「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」、東京メトロの駅は「Metro_Free_Wi-Fi」というアクセスポイント名に接続して利用することができます。

専用アプリで簡単に使えるサービスだそうですよ!

アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」で接続

今回提供される無料Wi-Fiサービスが利用できる駅には、以下のポスターが掲示されます。

利用時間は1回の接続につき3時間までとなっていますが、利用回数に制限はありません。地下鉄駅限定とはいえ回数に制限がないのは嬉しいですね!

提供される無料Wi-Fiは「Japan Connected-free Wi-Fi」という名前のアプリで利用できます。

このアプリはメールアドレスや氏名などを登録することで、今回提供が発表された地下鉄駅のWi-Fiだけでなく、7SPOTや空港など全国の様々なアクセスポイントを利用できるというものです。

地下鉄駅のWi-Fiを利用しなくとも、ダウンロードしておくと便利かもしれません!

訪日外国人向けの無料Wi-Fi提供ですが、日本人にとってもありがたいサービスです。

2020年に向けてこういった無料Wi-Fiサービスがどんどん発展していってくれると嬉しいですね!

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事