「めっちゃ餃子!」なiPhoneケースが登場!餃子評論家お墨付きの出来栄えだぞ

更新日:

by kimi

こんにちはkimiです。

ケンタッキーiPhoneケースや、スープカレーiPhoneスタンドなど、ジャンルの広さではとどまることをしらないiPhoneケース業界。

そこになんと宇都宮が誇る餃子が参戦してきました。監修した餃子評論家・橘田いずみさんが思わず「めっちゃ餃子!」と言ってしまったそのクオリティーの高さをご覧ください。

細かいところまで宇都宮餃子を再現!

今回iPhone 6、6 Plus用に登場したのは宇都宮餃子iPhoneケース。一目見るとわかりますが、どこからどうみても餃子!

食品サンプルなので食べられませんが、そのクオリティーは高く、「なんでiPhoneに餃子が乗ってるんだろう?」と思ってしまうほどw

きちんと「バリ」がついていたり、餃子の皮のシワ具合や焼き目の色具合をみても、いやはやリアルすぎる…。

カメラの穴の部分は餃子のかじりかけのデザインとなっており、ただリアリティーを追求するだけでなく、デザイン上の遊び心も垣間見えます。

ちなみに餡が肉よりも野菜の割合が多いところが宇都宮餃子の特徴なんだそうで、そこもしっかり再現されているようですよ。

商品のアイデアと監修は、餃子評論家であり宇都宮愉快市民として認定された橘田いずみさん。「めっちゃ餃子!」と監修した本人も太鼓判を押すレベルの出来栄えです。

なお、価格は税別で9,800円。なかなかのお値段ですが、橘田いずみさんファンの方、あるいは1日3食餃子でもOK!な餃子好きな方はこちらから購入できますので、おひとついかがでしょうか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事