iPhoneを狙った新種のウィルスが見つかる!脱獄していないiPhoneも感染する模様…

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iPhoneを狙った新種のウィルスが中国で見つかり話題になっています。すでにAppleは対策済みとのことですが、脱獄していない”ごくごく普通のiPhone”でも感染するウィルスという前例ができてしまいました!

ネットワークセキュリティベンダーのPalo Alto Networksがリポートを公開していたので、ご紹介します。

MacアプリからUSB経由でiPhoneに感染

リポートによると、そのウィルスは中国のサードパーティー運営のアプリストア「Maiyadi App Store」で発見されたもの。

ストアからダウンロードできるトロイの木馬が埋め込まれたアプリからMacに感染、Lightningケーブル経由でiPhoneが冒され、自動で有害なアプリをインストールしたり、インストール済みのiOSアプリに感染して個人情報を送信したりするとのことでした。

このウィルスは「WireLurker」と名付けられ、ストアで販売されていた467のアプリから何十万人ものユーザーに感染していった可能性があるそうです。

TechCrunchによると、すでにAppleは対策済みで、「そのような(有害な)アプリケーションは見つけ次第ブロックし、それらが起動しないようにしている」とのこと。

アプリが見つかったのは中国の非公式なアプリストアですし、対策されているということでひとまず日本への影響は少なそうです。

しかし、普通のiPhoneがウィルスに冒され、個人情報が危険に晒される可能性があることがこれで明らかになってしまいました。

当面の対策として脱獄しないのはもちろん、お持ちのiPhoneをMacとセットで利用している方は、Macアプリを公式のApp Storeからのみダウンロードするようにした方が良さそうです!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事