「iPhoneを探す」が命を救う!17時間も行方不明になっていた女性が無事発見されたぞ

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

「『iPhoneを探す』は必ずオンにしておかないとダメだ…」と思える事故が発生しました。

今月14日米カリフォルニアで事故を起こし、約17時間も行方不明になっていた女性が「iPhoneを探す」のおかげで無事発見、救出されましたよ!

「iPhoneを探す」が命を救う

現地時間13日の午後2時頃、メリッサ・バスケスさんが運転する車が渓谷に転落する事故が発生。

事故を最初に感知したのはメリッサさんの車に搭載されていた車両管理システムで、そのオペレーターから「自宅近くで事故にあった」と警察に通報が入りました。しかし警察がその現場に行ってもなにも見つけることができなかったそう。

その後、再度管理システムから「違う場所で車を発見した」と通報が入りましたが、そこでも見つからず…。

翌14日午前3時にメリッサさんが行方不明と家族から警察に通報が入り、それを受けたデイビット・キャメロン刑事が自宅へ行ったところ、彼女のiPadを発見。

キャメロン刑事 Photo by ABC11 WTVD

「iPhoneを探す」を使って彼女の居場所を突き止めようとしましたが、iPadにはロックが…。

キャメロン刑事は一般的なパスコードをいくつか試し、ロック解除に成功!「iPhoneを探す」を使い、20分後にはヘリコプターが現場に到着、メリッサさんを無事救助したそうです。

彼女はなんと、道路から約150メートルも下の峡谷に車ごと転落していたんだとか…。

「iPhoneを探す」はiPhoneを忘れた場所を通知してくれるだけでなく、人の命まで助けてくれるんだと痛感する事件でしたね…。

パスコードは難解なものが推奨されていますが、今回ばかりは一般的なパスコードを使っていたのが幸いしたのかもしれません。「iPhoneを探す」をオンするのは間違いないですが、難解なパスワードについては…どうしようか迷ってしまいますね><

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考: iPhone Mania Via ABC11 WTVD

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事