自分の子供を手放す!?無料Wi-Fiを使うため”とんでもねえ規約”に同意する人が続出

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

日本でも徐々に増えてきた無料のWi-Fiスポットですが、何度かお伝えしている通りセキュリティ面では不安なところもあります。

しかしシステム面での不安よりもまず「ユーザー側の注意がまったく足りていない」ということが浮き彫りとなりました。

なんと「無料Wi-Fiスポットを使う代わりに自分の子どもを捧げます」という利用規約に同意する人が続出したとのことですよ…!

無料Wi-Fiを使う代わりに第一子を捧げる人が続出

先月29日、イギリス・ロンドンにある国会議事堂近くのカフェである実験が行なわれ、その内容は無料Wi-Fiスポットに接続する際、「利用者は、第一子を永久にわれわれの手に委ねることに同意しました」という利用規約が書かれており、一体どれほどの人が「同意」してしまうのか、というもの。

その結果、実験が行なわれた30分という短時間になんと6人が「同意」したとのこと…。

この実験はITセキュリティ会社「F Secure」が「いかに人は外出先でのコンピュータセキュリティに注意を払わないのか」を浮き彫りにするため行なったそうです。

photo credit: Janitors via photopin cc

ちなみに実験を行なった「F Secure」は、「これは実験であるため、子どもたちは親にお返しします」とのコメントも発表したとのことですよ。

無料Wi-Fiは個人情報が漏れてしまう可能性があり、その使用には注意を払わなければならないのはもちろん、まずは私たちも「利用規約」をちゃんと読むことが大切ですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:AFP BB News

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事