『Translator』Safariで見ている外国語サイトを一発で日本語に!iOS 8の新機能に対応した無料アプリが便利

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

どうしてもiPhoneのSafariで海外のサイトを読みたい時、サクッと内容を翻訳してくれたら便利なのにと思ったことはありませんか!?

そんな時に使えるiOS 8向けアプリ『Translator』のご紹介です!

iOS 8から使えるようになった新機能App Extentionを使って、Safariから直接使用するアプリとなっています。起動もスピーディーで使いやすいですよ!!

Translator
ユーティリティ
無料

2タップで翻訳してくれる

まずは初期設定を済ませましょう。アプリを起動して翻訳させたい言語を設定します。初期設定で「日本語」になっているのですが、他の言語に翻訳したい場合はここで変更します!

次はSafariに移動。翻訳したいページを表示したら下部メニューのシェアボタンをタップ。「その他」を選択してください。

「Translater」という項目が追加されているので、これを「オン」にします。「完了」するとメニューにアプリ専用のボタンが出現しました!これをタップ!!

以上で翻訳が完了します!Google翻訳を利用しているので、テキスト長押しで原文を表示させることもできました!

ということで、初期設定さえ済んでしまえば、「シェアボタン→Translaterボタン」の2タップでページの翻訳を完了させることができます。

無料で利用できるので、海外サイトをよくご覧になるという方はぜひ使ってみてください!!

Translator
ユーティリティ
無料
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事