『Launcher』スペースの有効活用! ウィジェットをアプリランチャー化できるアプリが登場

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iOS 8から利用できるようになったウィジェット機能を利用して、そのスペースをアプリランチャー化できるアプリ『Launcher』がリリースされていたのでご紹介します!

通知センターから他のアプリを開けるので、アプリ起動中でもホーム画面に戻ることなく別のアプリに移動することができます。

これはダウンロードしておくと便利ですよ!!

Launcher – Favorites at your Fingertips
仕事効率化, ユーティリティ
無料

ウィジェットからアプリを開ける

アプリを使用すると、以下のようにウィジェットにアプリアイコンを表示できるようになります。タップするとそのアプリを起動できるというわけです!

アプリの使い方はとっても簡単。まず、起動したら右上のボタンをタップし、出現した「+」をタップ。連絡先、ウェブページ、アプリ、カスタム設定の4種類から好みのものを選択します。今回はアプリを追加してみましょう。

あとは表示されている中から好きなアプリを選択すればOK。標準アプリも利用でき、設定アプリのショートカットも作成できます!

これだけでウィジェットをアプリランチャー化できるというわけです。

しかも基本無料で利用可能!iOS 8にアップデートした方は、ぜひ使ってみてください!!

Launcher – Favorites at your Fingertips
仕事効率化, ユーティリティ
無料

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事