日本の技術すげぇ!iPhone 6/6 Plusには多数の日本製パーツが使用されている模様

投稿日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

今世界中から注目を集めているiPhone 6ですが、実は日本製のパーツが数多く使われていることをご存知でしたか?

日本国内のスマホ市場は孤立化が進んでしまい、韓国のSAMSUNGなどと比べても世界的なシェアで負けていますが、実はもっと小さいミクロの世界では日本が大活躍しているんです!

日本製の部品はこんなに沢山!

日本製のスマホは世界的な評価が高くないためあまり注目はされていませんが、日本経済新聞によると、歴代のiPhoneの中で予約数が過去最高と言われているiPhone 6/6 Plus」には日本のパーツが多数採用されているんだとか。

iPhone 6/6 Plusに使用されている日本製パーツをまとめてみると…

  • 液晶パネル→ジャパンディスプレイ、SHARP
  • 高周波部品→村田製作所、TDK、太陽誘電など
  • LEDバックライトモジュール→ミネビア
  • カメラ(CMOSイメージセンサー)→ソニー
  • カメラの光学式手ぶれ補正用アクチュエーター→ミツミ電機、アルプス電気

こんなに使われているんですね〜!

以上のようなパーツの他にも、日本製スマホの最先端技術やノウハウも多数利用されているので、iPhone 6は「日本の技術なしでは成立しない」と言えるかもしれません。

過去に日本製のパーツが半分以上を占めていたiPhone 5はとても完成度の高い端末として評価されている実績があるので、今回のiPhone 6の評判はどうなるのか…楽しみですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事