「地震が起こる」などとネットに書き込んだ4人が逮捕!ますます強まる中国のネット規制

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

LINEやYoutubeにアクセスできないなど、独特の規制をネットにかけている中国。

「天安門事件」などの言葉をSNSに投稿できなかったりすると以前お伝えしましたが、今月9日に報道された内容によると、ネット上に噂を流しただけで4人の人が逮捕される事案が発生。しかも、最大三年間の懲役や「参政権を失う刑」に処される恐れがあるそうですよ!

同様の罪で81人に警告、16のウェブサイトに罰則!

中国のXinhuaが伝えたところによると、4人は噂レベルの情報をSNSに書き込み、それを5,000人以上のユーザが閲覧したり、500回以上のリツイートがなされたことで名誉棄損罪となり、逮捕されたようです。

4人は最大3年間の懲役や「参政権の剥奪」の刑に処される可能性があるとのこと。

photo credit: AndyWilson via photopin cc

他にも、類似した犯罪を犯したとして81人に対し警告を行い、16のウェブサイトに対しても「安全管理が弱い」として処罰されました。

具体的にどんな噂を流したかというと、「2〜6日以内に北京で地震が起こる」や「中国の首都の西のほうで銃声が聞こえた」などというもの。う〜ん…どの辺が名誉棄損なんでしょうか?><

photo credit: davidsonscott15 via photopin cc

日本でもたびたびSNSでデマが流れるのは確かですが、それで刑事罰が課されるとなるとネットに何も書けなくなるような気もします。

日本の大抵のことならなんでも読めて書けるネットの自由に感謝しなくてはなりませんね。日本に生まれてよかったー!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Xinhua

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事