iOS 8では「iPhoneを探す」に「最後にiPhoneがあった場所をAppleに送信する」機能が追加!紛失時に役立つかも

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

iPhoneをうっかりどこかに置き忘れた時に役立つ「iPhoneを探す」機能。iCloudのウェブサイトからログインしておおよその場所がわかったり、音を鳴らしたり、メッセージを表示させることができます。

iOS 8ではそれに加え、バッテリーがなくなる直前にiPhoneが位置情報をAppleに送信する機能がつくようです。iPhoneを探すときに使えそうですよ。

電源が切れる前に位置情報を自動送信

今の「iPhoneを探す」の各機能使えるのは、紛失したiPhoneの電源が入っている場合のみ。紛失したiPhoneの電池が切れた時や、盗んだ人が意図的にiPhoneの電源を切った時には位置情報を調べることはできなくなります。

バッテリーがなくなる直前にiPhoneの位置情報をAppleに送信し、その後どのような動線になるのかはまだ不明ですが、おそらく同じように「iPhoneを探す」の画面でその場所がわかるようになると推察されます。

電源がきれる直前の位置情報がわかることで、紛失したiPhoneのバッテリーがなくなった場合でもその場所にいけば見つかる可能性がありますね。紛失したiPhoneが見つかる確率が上がるアップデートといえそうです。

iPhoneを探す 3.0(無料)
ユーティリティ, 仕事効率化
無料
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:AppleInsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事