ワイヤレスで楽々!iPhoneの写真をフォトストリーム経由でMacに”自動で”取り込む方法

更新日:

by ゆう

こんにちは、ゆうです。

本日は、フォトストリームの写真をiCloud経由でMacに取り込む方法をご紹介します。

iPhoneで撮った写真をMacにサクッと取り込めるほか、保存枚数に制限のあるフォトストリームの写真をMacのローカルストレージに保存しておくなどバックアップ的な使い方も可能
Macで写真を閲覧・整理したい方には便利ですよ!

iPhoneの写真をMacに自動取り込み!

写真をiCloudサーバーに保存してくれるフォトストリームですが、その枚数は無制限ではありません。またiOSデバイスで見ることができるフォトストリームの写真にも実は以下のような制限があります。

・iOSデバイスに保存できるフォトストリームの写真は1,000枚まで
・iCloudサーバーに保存されるのは30日間のみ

30日以上経つと古い写真は消えてしまいますし、iOSデバイスから見ることができるのも新しい写真から1,000枚までなんです。

P1291629-1

古い写真もちゃんと手元に残しておきたい!そんなときはフォトストリームの写真をPCに自動ダウンロードする設定をしておきましょう。これでMacのローカルストレージに写真を保存できます。

しかもこの設定をしておけば、古い写真が勝手に消えることはありません。Macに空きストレージがある限り写真を保存しておくことができますよ。また自動取り込みなので、iPhoneで撮った写真をMacに転送するのにもすっごく便利。

それではフォトストリームの写真をMacに自動で取り込む方法をご紹介します!

 

フォトストリームの写真をMacに自動で取り込む設定!

まずiPhoneの設定から。とっても簡単です。
設定」→「iCloud」→「写真」と進み、「自分のフォトストリーム」をオンにしましょう。

photoStream-01

これでiPhoneの設定は完了。これだけです。

次にMacの設定をしていきましょう!「システム環境設定」を開いて「iCloud」をクリック

41

「フォト」の項目にある「オプション」をクリックし、

07-1-1

「自分のフォトストリーム」にチェックを入れましょう!

11-1

次はフォトストリームを取り込むソフトである「iPhoto」か「Aperture」のどちらかを起動してください。ここでは「iPhoto」で進めていきますよ~。

「iPhoto」を開いたら上のメニューから「環境設定」を開きます。

57

「iPhoto」の環境設定で「iCloud」タブをクリックし、「自分のフォトストリーム」にチェックを入れたらオッケー!

23-1

これでMacの設定は完了です。おつかれさまでした!

この設定をしてからiPhoneで写真を撮ると…、

20140129155608 2-0

Macの「iPhoto」に自動で取り込まれるように!
若干のタイムラグはありますが、iPhoneで撮った写真がすぐiPhotoに表示されますよ。

56

写真が取り込まれるのは「iPhoto」を起動してる間だけですが、それでも自動で取り込まれるってのはラクでいいですよ。

ただしストレージが少ないMacBook Airなどに取り込む場合は、ストレージがいっぱいにならないようにご注意くださいませ。

という訳で、iPhoneの写真をフォトストリーム経由でMacに自動で取り込む方法でした。iPhoneでよく写真を撮る方は設定してみてはいかがでしょうか!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事