【小技】送ったメールがちゃんと相手に届いたかが分かる!メールのBccに自分の名前を自動で追加する方法

1

2014.05.22

こんにちは、SHANです。

最近ではiPhoneの「メール」アプリで仕事のやりとりをしている方も多いと思います。電波の状態が不安定な場所からメールを送信する場合は、相手にきちんと届いているかが心配ですよね。

そんな時は、メールのBccに自分のアドレスを入れておくことで送信エラーを見逃さないようにすることができますよ!

今回はそのBcc機能を宛先に自動で追加する方法をご紹介します。

そもそもBccってどんな機能?

Bccとは「同じ内容のメールをこっそり違う人にも送信する」という機能で、メールを受信した人はBccに入力されていたメールアドレスを見ることはできません。

そこでBccに自分のアドレスを入力しておけば、相手に送ったメールが自分にも届くのでメールがきちんと送れているかを確認することができるんです。

初期設定ではBccに何も表示されていないので、Bccに自分のアドレスを自動で追加する方法をこれからご紹介していきます。

まずは、iPhoneの「設定」アプリを起動して「メール/連絡先/カレンダー」という項目を選択します。続いて「メール」の項目にある「常にBccに自分の名前を追加」をオンに設定してください。

これで設定は完了です。とっても簡単でしたね。

実際にどのように表示されているかメールの作成画面で確認してみましょう。先程は表示されていなかったBccの項目に自分のアドレスが追加されていると思います。

実際にBccに自分のアドレスをいれてメールを送ってみました。

メールを送信するとすぐに同じ内容のメールを受信!これで相手にも確実にメールが届いていることが確認できますね。

こんな簡単な設定で送信エラーを見逃さないようにすることができるので、皆さんも是非活用してみてはいかがでしょうか。

SHANはこう思う!
電波が不安定な場所でメールを送らなければならない場合送れているか心配な時がありますが、これで相手に届いているかを確認できるので安心ですよー!

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事