【iOS12】おすすめ「ショートカット」3つ+α 登録しておくと便利だぞ!

45

2018.11.19

by ともぞう

iOS 12から名称を変えSiriとの連携が追加された『ショートカット』アプリですが、イマイチこれという使い道がないという方も多いんじゃないでしょうか。

そんな『ショートカット』アプリで使えるおすすめショートカットがYouTubeで公開されていたのでご紹介します。

意外と使いどころがない「ショートカット」

『WorkFlow』からiOS 12に合わせてアップデートで名前の変わった『ショートカット』。

カミアプではコントロールセンターで完全にオフにできない「Wi-Fi・Bluetoothを完全オフに出来るショートカット」や、

任意のアプリを設定して「ランチャーの様にアプリを起動できるショートカット」をご紹介していました。

このようにユーザーが自分自身でマクロのようにiOSの機能を組み合わせて複数の動作をまとめてできるのが『ショートカット』アプリなのですが、アプリのギャラリーを見てもおおこれは!というのがあまりないんですよね…。

そのような中でYouTubeチャンネルの「iDeviceHelp」が、ダウンロードしておくべきSiriショートカットTop6を公開していたので、その中から実際に触ってオススメできるものをピックアップしてご紹介いたします。

「劇場に入ります」モードがおすすめの「Control Center 2」

最初にご紹介するのは、Wi-FiやBluetoothを始め様々な設定をメニューから選んでオンオフできる「Control Center 2」。

ウィジェットかアプリから起動すると、画像のように項目が出てくるのでタップするとオンオフが切り替えられるショートカットとなっています。

設定アプリを個別に開かなくても良いというのが魅力なのですが、一番オススメしたいのは「Theater Mode」。

これをタップすると「I’m entering the theater(劇場に入ります)」「I’m leaving the theater(劇場を出ます)」の選択画面になり、「劇場に入ります」を選択すると…

以下の設定が一度に反映されて、映画館などで迷惑にならないようしてくれるんです。

  • 画面の明るさを最低
  • 消音
  • おやすみモードオン
  • 省電力モードオン

映画館だけではなく、不要な通知などを受け取りたくない大事な会議の際に設定しておく…なんて使い方もできそうですよね。

さらに便利なのは、「I’m leaving the theater(劇場を出ます)」を選べば、一発で元に戻してくれる点。

設定したものの戻すのは手動なんて面倒くさいですからね。これはなかなか便利ですよ。

このショートカットのインストールはこちらから。
Control Center 2

究極の省エネモード「Super Low Power MODE」

最初に紹介したシアターモードにちょっと似ているのですが、iPhoneのバッテリーがピンチの際に使いたいのが、「Super Low Power MODE」。

ウィジェットかアプリから起動すると、省電力モードにするだけでなく、Wi-FiやBluetoothなどあらゆる通信をオフにしてくれます。

あまりお世話になりたくない機能ではありますが、なんとかiPhoneのバッテリーを持たせたい…という時に備えて入れておきたいショートカットですね。

このショートカットのインストールはこちらから。
Super Low Power MODE

ちょっとした英訳・和訳に…「Translate Text」

少し前からSiriでも話しかけると日本語を英訳してくれるようになりましたが、まあ正直活躍の場面はあまりないですよね。

そんなちょっとした英訳・和訳の為にあると便利なのが、「Translate Text」。

ウィジェットかアプリから起動すると入力ウインドが出てくるので、翻訳したい文章を入力もしくは貼り付けます。

すると翻訳する言語を選べるので、選択するとさくっと変換してくれるという訳です。

あれ?英語でなんて言うんだっけ?みたいな時にウィジェットからさくっと起動できるので、使い勝手はなかなか良さそうです。

このショートカットのインストールはこちらから。
Translate Text

効果の程はハテナ…「Respring」

最後のご紹介するのは、メモリなどを解放してiPhoneをリフレッシュしてくれるとする「Respring」。

昔は実行するとiPhoneがサクサクに!などと謳われていたアプリがよくありましたが、それのショートカット版のようです。

とわざわざ、”ようです”と書いたのは、正直ショートカットのアクションを見てもなぜこれで「Respring」になるのか私がよく分からなかったから。

ショートカットを実行すると画面が暗転、読み込みインジケータが表示されてロック画面が表示されるのですが、メモリ使用量などが分かるアプリ『SySight』で使用前後を見ても多少減ってるかな…程度なんですよね。

ということもあって、実は紹介動画では最初に紹介されていたのですが、色々疑問もあったので最後に持ってきたという次第です。

検証した端末がiPhone Xだからというのもあるかもしれませんが、ショートカット使用前後で体感的な変化が分かるほどでもなかったことと、ショートカットの原理も分からなかったので最後にオマケ的にご紹介いたしました。

端末によっては効果があるかもしれませんが、(私が調べた限りで)原理をよく分からないまま無責任にオススメできないので、あくまで自己責任ということでお試しいただければと思います。

このショートカットのインストールはこちらから。
Respring

まとめ

元の動画では6つのショートカットが紹介されていましたが、その中から実際に使って実用性の高い物をピックアップしてみました。

特にシアターモードがある「Control Center 2」は、これぞショートカットな機能なので、ぜひ一度試して見て下さい!

その他のショートカットもご覧になりたい方はこちらから。

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事