iPhone Xの修理プログラムが始まったけど全然予約が取れない!バッテリー交換の人も早めに予約を

58

2018.11.17

by ともぞう

バッテリー交換費用が値引きされている内に交換しようと思いながら後回しにしている方…、早くしないと本当に予約取れないですよ。

先日、Appleは一部のiPhone Xにてディスプレイのタッチに関する問題が発生するとして、交換プログラムを発表していました。

具体的な不具合内容は以下になり、今回はシリアルナンバーで判定はできず実機検査を行い適用対象かどうかが分かるという方式。

  • ディスプレイ (またはディスプレイの一部) がタッチにまったく反応しないか、反応したり反応しなかったりする。
  • タッチしていないのにディスプレイが反応する。

プライベートでiPhone Xを使っている私は、現在特にディスプレイのタッチに不具合が出ている訳ではないのですが、診断しないと分からないとなれば一度見てもらいたいと思ったんです。

そこでいざ『Appleサポート』アプリで対象の端末を選んで、「修理と物理的な損傷」を選択、

「デバイスの動作が〜」を選ぶと、一番上に「持ち込み修理」が出てくるので、現在地から近いApple Storeと正規サービスプロバイダーが表示されるのですが…

まったく空きがない!同アプリから1週間先までの予約が可能なのですが、近所だろうが都内のApple Storeだろうがまったく空いておらず予約が取れないんです。

そんなことあるんだろうか…と思い、前回もバッテリー交換をしてもらったカメラのキタムラの横浜モアーズ店に電話して聞いてみると、なんとバッテリー交換の駆け込み需要でめちゃくちゃ混んでいるとのことのようです。

店員さんのお話によると、時間単位で1週間先の予約が可能なのでちょくちょくチェックしてもらえば空きがでるかもしれないとのこと。

いやいやまさか、混んでいるとはいえここまでとは予想外でした。と、ここで諦めきれないので私が取った戦法は…持ち込み修理の画面で検索の連打w

するとですね、ごくごく稀にパソコンのブラウザの場合は、「予約空き状況」というボタンが出くるんです。これがどこかに予約が出来る枠が出た証拠。

お店のリストに予約可能な日時が出てくるので、それでOKならお店をクリック⇒そのまま時間を指定で予約ができます。

これがすごいことに一瞬出たと思ってクリックしたらすでに無効(誰かに取られた)になったりと、おそろしいレベルで壮絶な予約争奪戦となっております。

Appleのアプリの場合だと、持ち込み修理⇒検索結果のページをひたすら往復。

こちらは予約の空き枠があると、店舗名の下に青い文字で予約可能な日時が出てくるので、そこでOKであればこちらも同じように予約が可能となります。

私は別の作業をやりつつ定期的に空きをチェックを2日続けてようやく予約が取れました。どんだけ激しいんだという…w

とにもかくにも、以前より混んでいるという話もありましたが現在は平日だろうがなんだろうが予約を取るだけでも至難の状況となっています。

これから12月になるとさらに駆け込みでバッテリー交換をしたいと考える人が増えると思いますので、値引きされている間に交換したい方は、今のうちに気合いで予約を取ってしまうことをオススメいたします。

おまけ

上記で無事予約が取れてiPhone Xのチェックをしてもらったのですが、結論から言うと現在特にディスプレイのタッチで異常を感じていない人は無理に予約まで取って行く必要はありません。

店員さんにお話しを聞くとAppleの修理プログラムのページで「Apple にて実機検査を行い、お客様の iPhone が本プログラムの適用対象かどうかを検証させていただきます」と書かれており、これを見て異常がなくても修理に来る人が多いそうです。

でも実際には本プログラムに引っかかるような端末は、日常的にタッチがうまくできなかったりなどの不具合が出ている端末のようです。

本プログラムの適用は「最初の小売販売日から3年間適用」となっているので、わざわざ混んでいる今ではなく落ち着いてから来ても間に合うとのこと。

ちなみに私の端末も診断の結果問題ありませんでした。せっかく頑張って予約を取ったのにここまで10分くらいの出来事。がんばって予約を取ったんはなんだったのか…w

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事