今時の18歳は半数が新聞を読まず、情報源は1位テレビ、2位にSNS

67

2018.11.08

by ともぞう

今時の18歳はどんなメディアで情報を得て、どのように考えているのか…日本財団が調査を行った結果を公開しています。

日本財団は全国の17〜19歳800人を対象に「18歳の意識調査」の第2回として、新聞を中心としたメディア関係の調査を行いました。

メインのテーマは「新聞」ということで、まずは「新聞を読んでいるか?」という質問をしたところ、半数以上となる52.5%は「読んでいない」と回答。

新聞の発行部数が減り続けているという話も聞いていますし、新聞を読まない人が増えているというのもあるんでしょうかね。

その理由を聞いてみると、「面倒くさい・読む時間がない」が50.7%を占め、次いで「新聞をとっていない」「高い・お金がない」という回答が多いようです。

ではそんな皆さんが「普段、世の中の出来事やニュースについて何から情報を得ているのか?」と聞いたところ、77.6%が「テレビ番組」と回答。

テレビ離れなんて言葉も聞かれていましたが、なんだかんだテレビなんですね。

次いで2番目に多かったのが、SNS(ソーシャルメディア)。さすがこの辺は今時…、「ニュースサイト」よりもSNSでニュースや世の中の動きをチェックするんですね。

実際にはSNSに投稿されているニュースサイトやメディアの記事を開いて読む、という事だとは思うのですが…。

そして興味深かったのは「信頼できるメディアは?」という質問になると、テレビが相変わらず1位になるものの、情報源では上位にいたSNSやニュースサイトの順位が落ちている点。

その理由を見ても、信頼度という点ではテレビや新聞のほうがまだまだネットの情報よりも信用されているようです。

ネット関係に関しては普段からよく見ているものの「その情報が正しいかどうか」ある程度疑って見ているという意味では、シビアに見ているのがよく分かりますね。

特にネットは「嘘を嘘と見抜けなければ…」なんて言われていますし、SNSで間違った情報が拡散してしまうこともあることも考えると、ある意味ほっとする結果でもあります。

ちなみにニュースなどを知る情報源は何か?という質問に関しては、東京工科大学が2018年度の新入生1,735名に聞いた際も、1位はテレビ、次いで多いのはSNS系となっていました。

最近は「テレビを見なくなった」なんて話も聞かれますが、皆さんはこの結果どう思いますか?

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:日本財団

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事