地方交通の決済を「統一QRコード」で…キャッシュレス推進で経産省が検討

46

2018.10.21

by maruuo

経済産業省はQRコード決済の規格統一を進める方針を今年6月に発表していましたが、それを地方の鉄道やバスでの決済に利用する検討を始めたそうです。

交通系ICカードといえばSuicaが広く使われており、全国の主要鉄道でも相互利用ができるようになっています。

しかしながら地方ではまだ交通ICカード自体がなかったり、Suicaなどで決済ができるようにする費用も掛かるため、キャッシュレス決済が進まないのが実態。

そこで経産省はキャッシュレス決済の普及策として、以前より話の出ている統一規格のQRコードを決済に利用できるよう検討を始めたそうです。

イメージ画像

時事通信によれば、事業者の違う交通機関でもスマホで決済ができるようになったり、さらに納税や病院での医療費のなどを可能にする仕組み作りも考えているとのこと。

これにより地方の金融機関がATMを減らすなか、現金を下ろさなくても生活できる環境作りを目指すとのこと。

具体的にはスマホに決済用アプリを入れて、QRコードを読み込むだけで連動させた口座から料金の支払いができるようにするようですが、そのアプリの用意や裏側のシステムなどまで経産省が用意するのかなど詳細は現時点では分かりません。

そもそも経産省主導の統一規格のQRコードに関しても詳細は明らかにされておらず、本当に地方の交通系決済をキャッシュレス化まで出来るのか疑問も残ります。

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:時事通信

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事