HUAWEI、新モデル発表会で「ニンテンドースイッチ」よりも優れてるとアピール

49

2018.10.17

by ともぞう

昨日、HUAWEIは同社の新モデルMate 20シリーズの発表会を行っていたのですが、その中でさすがにびっくりの製品アピールをしていたのでご紹介します。

新製品の発表会で他社製品を引き合いに出して、自社製品の性能をアピールすることはよくあることです。

今回の発表会でもMate20シリーズが暗い所でも明るく撮れることを見せるために、iPhone XS MaxとGalaxy Note 9で撮った写真を並べて、どう?一番明るいでしょ?とアピール。

はいはい、この辺はこの間のGoogle Pixel 3の発表会でもあったので、驚きはしません。

バッテリー関連では5,000mAhのバッテリーを搭載したMate 20 Xが東京からロンドンまでフライトしても46%残ってるけど、iPhone XS Maxは10%になってるよとアピール。

まあこの辺もバッテリー容量がまったく違いますし、単純比較はできないですけどよくあるアピールの仕方ですよね。

ここまでは良かったんです。どうしても気になったのはその後で、7.2インチの有機ELディスプレイ搭載のMate 20 Xは大画面でもゲームがサクサク動く動くアピールをまずはアピール。

大画面でのゲームプレイが売りの1つのようで、専用のゲーム用外付けスティックまで用意されているそうです。

そしてここでなぜかニンテンドースイッチが登場。え?スマホじゃなくて?と思ったのですが、画面サイズ、解像度でも遜色ないとスライドで説明したのに続いて…

バッテリー持ちでもMate 20 Xのほうが断然長い!とアピール。確かにスイッチはゼルダなどでは3時間くらいしか持たないと公式でも書かれてますが、ゲームによっては6.5時間持つとも書かれているんでけどねw

というか、そもそもスペック部分だけ比べてニンテンドースイッチより優れてるっていう比較はどうなんでしょうね…、結局は遊べるゲームに何があるかの問題でそこだけ比べてしまってもあんまり意味がないような気がします…。

いくらスペックなどが据え置き機と比べて優れてると言っても、結局遊べるタイトルはスマホ向けタイトルだけですからね。

スイッチより性能が上だから「スマホでゲームやるわ!」とはならないと思うんですけど、皆さんはこの比較どう思いますか?

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事