仮想通貨取引所の「Zaif」がハッキング被害、ビットコインなど67億円相当が流出

20

2018.09.20

by ロバート

仮想通貨取引所のZaifがハッキング被害にあい、67億円相当の仮想通貨が外部に不正流出されたと発表しました。

仮想通じゃ取引所の「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社の発表によると顧客の入出金対応用のホットウォレット※1を管理するサーバーがハッキング被害にあったとのこと。

ハッキング被害にあった仮想通貨はビットコイン・モナコイン・ビットコインキャッシュの3つで、被害総額は約67億円相当にのぼるそうです。

被害に遭った67億円のうち顧客からの預かり金は約45億、テックビューロの資産が約22億円で、二次被害防止の為、現在は入出金用サーバーを停止させているとのこと。

喪失した顧客の仮想通貨分に関しては外部から50億円の支援を受け、今月下旬には補填される予定。

※1 ホットウォレットとは?

ホットウォレットとは、仮想通貨(暗号通貨)の管理方法のうち、インターネットに常時接続されたコンピュータリソース上で暗号通貨を管理する方法のことである。

ホットウォレットは、「コールドウォレット」と対比される概念である。コールドウォレットはインターネットとは切り離された環境に保管され、取引を行う時だけインターネットに接続する管理方式である。

引用元:IT用語辞典 Weblio辞書

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事