菅官房長官「大手キャリアは過度な利益を上げることなく、利用者に還元すべき」

92

2018.09.17

by ロバート

これまでに菅官房長官は「携帯料金の手続きに時間がかかりすぎる」としてプラン変更や解約の手続き見直しに意欲を示したり、「携帯料金を4割下げるべきだ」と言及していました。

今回は携帯料金の引き下げについて、大手キャリアが利用者に利益を還元すべきだと述べたそうです。

「携帯事業は国民の財産である公共の電波を使っている。携帯会社は過度な利益をあげることなく、利用者に還元して事業を展開する必要がある」
引用元:日本経済新聞

これまでの携帯キャリアや料金について考えを示してきた菅官房長官。料金の引き下げにつながるのであれば利用者としては歓迎すべきかとおもいますが、さすがに口出ししすぎては?といった声もあるようですね。

ついでにキャリアの携帯料金だけでなく、携帯・スマホ本体の価格ももう少し下がれば嬉しいのですが、さすがに難しいでしょうか……。

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事