サムスン「スマホの発火を秘密にして欲しい」と頼むも結局、暴露されてしまう

92

2018.08.15

by kimi

「Galaxy Note 7」といえば、爆発する事件が相次ぎ、航空機でも持ち込みが全面禁止されたことで世界中で大騒ぎになりました。

その騒動も今となってはすっかり収まりつつありますが、また新たに別のGalaxyシリーズのスマホが発火する事件があったことが明らかになりました。

しかもサムスンは口止めをしようとしたようで、それも含めて報道されてしまうという事態となっています。

サムスン「hush-hushで…」

危険物扱いとなり、航空機で持ち運ぶことが禁止されたサムスンのスマホ「Galaxy Note 7」。

そのスマホとは異なるGalaxyシリーズのスマホが、オーストラリアで発火・炎上しニュースになっています。

DailyMailOnline9newsによると、今回の件はオーストラリアで8月9日に起こりました。Matthew Mansfieldさんがレンタカーを借り、日陰に駐車。

2年ほど前にタスマニアの携帯電話屋さんで購入した「Galaxy Core Prime」を助手席に置いて、1冊の本をその上に置いていました。すると、スマホは突然発火。写真のように、助手席の席は焼けてボロボロになっています。

現在までに、この機種が原因で発火事故が起こったことはなく、リコールなども起こっていません。

報道されているところによると、サムスンは火災による被害がバッテリーの事故ではなく、スマホが火災の原因であるとは考えにくいというスタンスでいるようです。

ただ、レンタカーの借主は、本の下にあったスマホこそが火災を引き起こした原因だと考えているそう。

とここまでは、何かバッテリーに不具合があったりした発火事故なのかな?で終わるのですが…、レンタカーの借主によると、「サムスンが写真を公にせず、事件について内密にしておくよう」頼んできたとのこと。

過去には「Galaxy Note7が発煙している様子を収めた動画」を公開していた人に、サムスン社員が訪れ「動画を非公開にしてくれれば新しい端末と現金900ドル(約9万円)を渡す」と持ちかけたこともありました。

結局今回もそのような口止め行為も含め公に報じられてしまったようで、サムスンの企業イメージが悪化する結果になってしまったようです。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事