ついに「折り曲げ可能で割れないディスプレイ」が登場!折りたたみスマホに採用も?

42

2018.07.28

by kimi

Photo on Foter.com

iPhoneの画面割れを防ぐために、これまでドローンになったり足がニョキっと出てきたりするアイデアケースなどを紹介してきました。

「そもそも、割れないパーツで画面を作ればいいんじゃね?」という発想かどうかは知りませんが、ついにあの企業が割れないOLED(有機ELディスプレイ)の開発と認証を取得することに成功したそうです!

これがiPhoneに搭載されたら、もう画面がバッキバキになる心配や高額の修理費に泣く心配がなくなりますよ…!されたら、ですけどね…!

サムスンの折りたたみスマホに採用か?

ゴリラガラスなど頑丈なガラスを使用していても、何度か落としたらバッキバキに壊れてしまうスマホのディスプレイ。ガラスではなく強化されたプラスチックを採用することで、割れない有機ELディスプレイがサムスンから登場されました。

ただ作ったというだけではなく、米国労働安全衛生局の公式テスト会社であるUnderwriters Laboratoriesの認証を取得したとのこと。米政府系組織も採用する第三者機関からお墨付きを得たというわけですね。

この新しい有機ELディスプレイは、破損しにくいだけではなく軽量で透過率が高く、硬度もガラスに非常によく似ているということ。

しかも、サムスンの公式サイトによると、米国国防総省の耐久性試験に合格。さらに地上1.2mからの連続26回落下試験をクリアした後に71℃〜-32℃の温度テストにもクリア。また、テスト基準を上回る1.8mからの落下試験にもクリアしたそうです。すぎょい。

Photo on Foter.com

TheSun発の情報としてGIGAZINEが報じたところによると、この有機ELディスプレイは最大で12mm程度の変形が起こっても、もとどおりの形状に復元することが可能だとのこと。

また、割れないだけでなく、折り曲げ可能という特色もあるそうで、こうなってくると以前紹介したサムスンの折りたたみスマホこと「フォンダブルフォン」がまた一歩現実味を帯びてきたと考えられますね。このパーツを使うことで、ヒンジ部分含めて有機ELにできそうです。

コンセプトビデオでは表裏両面にディスプレイを搭載していて、「落として割れたら大変じゃん…!」と思っていましたが、この技術を使えば問題なさそうですね。

さて、かみあぷ的に気になるのはiPhoneの行方ですよね。デザイン問題で散々もめたサムスンとアップルですが、実はiPhoneのメモリなどのパーツを作っているのはサムスンということはすでに承知の通り。

この有機ELディスプレイもちょっとばかしアップルに分けてくれませんかね…?そしたらティム・クックがドヤ顔で「今度のは割れないiPhoneです!」と発表できるんですけども。さすがにサムスンの目玉機能となりそうですし、難しいでしょうかね?

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

kimi
Photo on Foter.com

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事