住所の新形態! 全世界の住所を3つの単語で指定できる凄いサービス「what3words」

15

2018.07.16

by ryo

当たり前すぎて普段は気にもしませんが、都道府県や市町村、番地などの住所って意外と長くないですか?

少しでも入力を間違えればまったく違う住所になってしまい、よくよく考えれば面倒なところがありますよね。

そんな面倒くささを解消しようと、全世界どんな場所でもわずか3つの単語で表せてしまうサービス『what3words』が急成長しています!

what3words
ナビゲーション
無料

世界中どこでも3つの単語で表現「what3words」

what3words」は世界中の場所をわずか3つの単語で指定出来てしまうサービス。

地球上を3m×3mの正方形に分割し、全てに単語が割り振られているので、ピンポイントな住所指定が出来ます。

具体的に見てみますと、渋谷駅前の待ち合わせスポットとして有名な「ハチ公像」の住所は「ためす・おさらい・すめる」という3単語で表示できました。

ハチ公像の住所を普通を検索すると、「〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目2」となります。

しかし、逆にその住所で調べると範囲が広い上、そもそもハチ公像がある位置を示していないという事態に…。

しかし『what3words』はピンポイントな住所指定が出来るので、「○○駅集合ね!」といった時に、「駅着いたけどどこにいる?」などという会話が必要なくなるかもしれません。

「『ためす・おさらい・すめる』で会おう!」と言うだけで、3m四方を示すことができ、待ち合わせの手間も大幅に省けてしまいます。

また、この住所は世界でグローバルに使われる事を想定しているので、海外の住所も日本語で表現可能。

海外旅行に行った際に、「そもそも住所が読めなくてどこに行けばいいか分からない…」といった事も無くなるんです!

さらに、この住所は現在26カ国語に対応しており、「3つの日本語の単語で示した住所を3つの英単語に変化する」といった事も可能。

日本語で指定された住所をアプリを使って英語の住所に変換すれば、現地のタクシーで場所をスムーズに指定なんて事も出来ちゃいます。

住所が単純な3つの単語によって構成されているので、音声入力に強いという利点もあります。

これによって、運転中でも簡単に住所指定を行えるとwhat3wordsはアピールしています。

海外のドミノ・ピザでは既にこのシステムを導入しており、ピザの配達に役立っているそう。

なんでも、島国での配達の場合、一つの家が幾つもの棟に分かれている場合が多く、人がいる棟を見つけるのが大変なんだとか。

そんな時に「what3words」を使って3つの単語を指定してもらうだけで、すばやく指定の玄関まで届けられるようになったようです。

ただしwhat3wordsは平面的に住所を割り振っているので、垂直方向の住所指定が出来ないというのが難点。

実際に都市部でのピザ配達に利用するには、3つの単語の他に〜階という情報も必要な気がしますが、どのように対応していくのでしょうか。

従来よりもピンポイントな住所を簡単に指定できる「what3words」。

今後世界中の住所が3つの単語に置き換わるという時が来るのでしょうか!?

what3words
ナビゲーション
無料

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:what3words
ryo

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事