iPad対抗モデル!?Microsoftがエントリーモデルの「Surface Go」を発表

27

2018.07.10

by ともぞう

iPadに対抗する廉価版のSurfaceが出るかもと噂がありましたが、本日Microsoftがエントリーモデルとなる製品を正式に発表しました。

最小構成で価格は399ドルから

Microsoftが今日発表した製品はシリーズ最小・最軽量となる「Surface Go」。

液晶サイズは10インチで基本的な構成は、従来のSurfaceシリーズと同様でタブレット・ラップトップの切り替えができる2in1モデルとなっています。

気になる価格ですが、最小構成のメモリ4GB・ストレージ64GBモデルで399ドル(約44,000円)となっており、エントリーモデルの位置付け。

3月に発表したiPad(9.7インチ)の32GBモデルが、329ドル(日本価格は40,824円)からとなっているところをかなりなので、近い価格で似たような用途のタブレットをぶつけてきたという感じですよね。

液晶サイズもほぼ近いですし、カバーキーボードを使う点も一緒。これでWindows 10が動くというのが優位性になりますかね。

ただ写真だとあたかも最初からカバーキーボード付属しているようにみえるのですが、やっぱりiPadと同様に別売りで99ドルだそうです。

そうすると結局総額で5万を超えるので、それなら少し安いノートパソコン買えるんじゃ…と思わなくもないのですが、この大きさ・重さでWindowsでの作業ができるというのは魅力かも。

同モデルは7月10日より北米・欧米で予約を開始し、8月2日から出荷予定とのこと。日本でも数週間以内に受注を開始するそうです。

Microsoftは比較的安価な「Surface 3」と「Surface RT」シリーズを発売していましたが、そこまでうまくいかなかった過去があるだけに、今回のモデルが成功するかには注目したいですね。

主なスペック(CNETより)

  • CPU: Intel Pentium Gold Processor 4415Y CPU
  • ディスプレイ: 10-inch, 1,800×1,200 display
  • メモリ: 4GB or 8GB RAM
  • ストレージ: 64GB eMMC storage, or 128GB/256GB SSD storage
  • フロントカメラ: 5MP Windows Hello face sign-in camera
  • リアカメラ: 8MP rear-facing autofocus camera
  • インターフェース: USB-C, microSD card and headphone inputs
  • OS: Windows 10 S, Home or Pro

ライターのひとこと

カバーキーボードやスタイラスペンなどが別売りで結局、それなりの額になってしまうという…。

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事