今いる地域の「洪水・土砂・津波」災害リスクがマップでわかるサービス。災害に備える目安に

8

2018.07.09

by ニュー侍

西日本を襲った猛烈な大雨は各地で甚大な被害をもたらしました。土砂災害の発生リスクが高い場所を知れば防災に役立つかもしれない、そんなサービスが公開されています。

災害リスクを調べて防災対策を!

自分の住んでいる場所がもしも大雨になったら、どれくらいの災害が起こる可能性があるのかを知れば防災対策がしやすくなりますよね。

そんなときに利用できるのが国土交通省が公開している「重ねるハザードマップ」です。

住所や地名を入力すると、その地域の洪水の規模や土砂災害、津波のリスクがわかるというもの。

この「重ねるハザードマップ」では大雨が降ったとき、

  • どこが浸水するおそれがあるか?
  • どこで土砂災害の危険性があるのか?
  • どこの道路が通行止めになりやすいのか?

  • がわかります。

    さっそくですが、カミアプ編集部がある横浜を調査してみました。

    住所を入力するとマップが表示されるので、「洪水、土砂、津波」からリスクを調べたい災害情報を選択します。

    調査した結果、カミアプ編集部のある地域付近ではマップに黄色い部分がありました。気になったのでタップしてみると土砂災害の危険性があるとのこと…。

    また、黄色は0.5メートル未満浸水する可能性があり、濁流が強ければ流されてしまう危険性もありますね…。

    各色の浸水被害については凡例として公開されているので、自分の住んでいる地域を調べた際にチェックしてみてください。

    赤色だと災害時の被害が大きくなる可能性があるので、備えをしておきたいですね。

    いつ起こるかわからない猛烈な大雨。自分の住んでいる場所で土砂災害や浸水被害のリスクを知っておくことで、災害への備えができると思います。

    ぜひ、確認してみてください。

    重ねるハザードマップ

    「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

     条件は最強なのに知られてない↑

    ドコモのiPhoneをチェックする

     au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

    コメント数ランキング

    ランキングの続きを見る


    関連記事