大雨情報を「#減災リポート」でリアルタイムチェック! Twitterとウェザーニューズの協業プロジェクト

9

2018.07.06

by ゆう

もはや災害と言える大雨が続いています。週末にかけても、まだまだ降り続く見込みだとか。

このような自然災害の被害状況をリアルタイムに公開するため、ウェザーニューズとTwitterは協業プロジェクトとしてWebサイト「#減災リポート」を公開しました!

現場の状況をリアルタイムに

現在、九州から関東甲信にかけて記録的な大雨となっています。

天気図を見ても、50mm以上を示す赤い部分が広い範囲にわたっていますし、


川の様子もこの通り……。


そんな非常に激しい雨が降り続くなか、ウェザーニューズとTwitterが「#減災リポート」を公開。

ウェザーニューズ会員とTwitter利用者からの報告を、リアルタイムに広く公開することを目的としたもの。ブラウザ、もしくは『ウェザーニュースタッチ』アプリ内から利用可能。

「#減災リポート」のハッシュタグが付いた投稿が集まっていて、被害状況をひと目で確認できますよ。

また「#減災リポート」のハッシュタグが付いた情報が地図上に配置されるので、雨雲の様子と実際の状況を同時にチェックできるのもいいところ。

PCだと地図とツイートが横並びに表示されるため、さらに見やすいかもしれません。

「#減災リポート」の投稿者になるには、Twitterでハッシュタグ「#減災リポート」を入れ、位置情報を追加した状態でツイート

わざわざ大雨の川などの写真を撮りに行くのは危ないので、くれぐれも無理のない範囲で。現場のリアルタイムな声は貴重な情報です。

週末も続くとされているこの大雨に対処するには、いち早く状況を把握することが大事。

天気予報とはまた違った視点から、災害状況を確認できそうです。

参考:Weathernews Inc.

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事