落下を検知して自動的に足がニョキッ!iPhoneのガラス割れを防ぐケースが登場

27

2018.07.01

by kimi

iPhoneのディスプレイという1枚のガラスを守るために、世界中の人々が日々努力を惜しまないようです。iPhoneケースがドローンになったり必ずカバーが閉じたりして身を守るアイデアに、また一つ変わったアイデアが加わりましたよ。

今回はiPhoneケースが落下を自動で認識し、8本の足がニョキっと生えてiPhoneを支えるというもの。見た目はさながらカニなのですが、8本ということはタコっぽくもありますね。

ジャキーーン!(イメージ)

今回ご紹介するのは、ドイツのAalen大学のPhilip Frenzelさんのアイデアで、ドイツメカトロニクス学会で最優秀賞となったもの。

TechCrunchによると、Philipさんは車のエアバッグの仕組みをiPhoneに取り付けることなどを当初考えていたようですがうまくいかず、弾力性のある金属板で落下の衝撃を吸収することにしました。

通常時、これらの8枚の金属板はケースの中に平らな状態で収納されていますが、ケースのセンサーが落下を認識すると自動的にケースからニョキっと飛び出し、足になってiPhoneの画面に衝撃が伝わらないようになります

実際に使っている動画はこちら。

落とす前はシンプルなケースのような見た目なのに、いざ足が出てくるとカニのようになります。そしてしっかりと衝撃を吸収し、iPhoneのディスプレイは無事なまま。

iPhoneが無事なことを確認して、金属板をケースに戻せばそれでOK。すごいですね。

以前紹介したドローンになって落下を防ぐのより省スペースで、おそらくずっと省電力。まだKickstarterなどでの出資は受け付けていないようですが、応援したい気持ちになりました。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事