会員登録不要!PCやAndroidとも簡単にファイルの送受信ができるアプリが便利

16

2018.05.08

by kimi

写真などのファイルを他人にサクッと送信したい時は多くの場合はLINEを使っていると言う人が多いと思います。

でも人によってはLINEを使っていなかったり、あまりアカウントを教えたくないという人もいるでしょう。

そんな時、iPhoneはもちろんPCやAndroidとも会員登録不要で簡単にファイルを共有できる『Send Anywhere』が便利なのでご紹介します!

Send Anywhere (ファイル転送・送信)
仕事効率化
無料

QRコードか6桁の数字でサクッと共有

『Send Anywhere』はiPhone同士はもちろん、PCやAndroidなどのデバイス間で簡単にファイルを送信できるとても便利なツール。

簡単な利用イメージとしては、

  1. アプリをダウンロード
  2. 送信したい写真/動画/連絡先/ファイルを選択
  3. QRコードか6桁の数字を相手に渡す

これだけ!

例えばiPhoneから写真を送信する時は以下のような感じ。

まずアプリを開いて送りたい写真をタップして選択(複数でもOK)。選択したら「送信」をタップします。

すると数字キーとQRコードが現れました。

これらが言うなれば「合言葉」で、これらの情報は10分間有効です。

受信者は期限内に、送信者がすぐ近くにいれば画面を撮影してQRコードを読み取ってもらい、遠くにいれば数字キーを伝えてSend Anywhereアプリに入力してもらいます。QRコードは一瞬なのでそちらがおすすめ。

QRの読み取りか数字の入力が終わると瞬時にファイルの転送が開始されます。この時になって初めてファイルの送受信が行われます。

転送が完了すると受信側のカメラロールに写真が保存されていますよ。たったこれだけなのでとっても簡単ですね。

この転送方法では数字キーの有効期限をすぎるとサーバから自動的に情報が削除されます。

AndroidはAndroid版のアプリがあり、PCからはブラウザでこちらにアクセスし、ファイルをドロップすることで送信できます。

気になるセキュリティ面ですが、数字によるファイル転送では両方の端末でファイルを転送するためファイルを保持しない仕様となっており、サーバからの流出は起こらないとのこと。

また転送時はファイルを暗号化して転送するので、転送中のファイルを盗み見られることはないそうです。

写真を始めとしたファイル共有がデバイスを問わずサクッとできるこの『Send Anywhere』。とても便利で何度も活用しています。ぜひ使ってみてくださいね!

Send Anywhere (ファイル転送・送信)
仕事効率化
無料

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事