飲食店のドタキャン問題、キャンセルした側の名前を出すのはアリ?ナシ?

62

2018.03.29

by ロバート

大人数で飲食店に予約を入れるも当日来店しない……、いわゆる飲食店のドタキャン問題がまたまた話題になっているようです。

今回はドタキャンされた飲食店が、ドタキャンした側の組織名をTwitterに投稿し、少し波紋を呼んだようで…。

ドタキャンした予約者の名前を

テレビでも取り上げられたことのあるほど大きな問題になっている飲食店のドタキャン問題。

過去にも、ドタキャンされた飲食店の方々が悲痛な叫びをTwitter上に投稿されています。

このドタキャン問題を解決するため、全日本飲食店協会が2018年2月19日に「ドタキャン防止システム」をリリース。

予約者の電話番号と過去のドタキャン歴を照会できるもので、ドタキャン歴がある場合は予約を断ったり、先に預り金を受け取るなどの対応ができるようになります。

また2018年3月9日には、東京簡裁で日本初とみられるドタキャン問題の民事裁判が行われ、ドタキャンした被告に損害賠償支払いの判決が出ました。

ドタキャン問題のについて少しずつ解決が見られるか…?と思われていた中、またしてもドタキャン問題がTwitterで話題に。

今回はドタキャンされた飲食店の方が、ドタキャンした側の組織名(とある小学校でした)を記載してツイートしたことがやや問題になったようです(該当ツイートは削除済み)。

ツイートによると、経緯は以下のようなもの。

  • とある小学校の先生が25人で予約した
  • 当日になっても来ない
  • 電話をしても出ない

これに対して同情するリプライが多数だったのですが、なかには「組織名を公開したのはやりすぎでは?」という指摘も。

ドタキャンは確かに悪い事だが、それでも晒したことでドタキャンした組織の人に被害が被ったらどうするんだ、という指摘です。

確かに不特定多数の人が閲覧できるTwitterに、相手をある程度特定できる組織名を出したことはやりすぎだったのでしょうか。

この件について、名前を出すなんてひどい!といったTwitterユーザーの方が

・そもそもドタキャンしたほうが悪い
・組織名を晒した店側が悪い

このどちらが悪いのかアンケートをとったところ…

圧倒的にドタキャンした方が悪い!となりました。反論にも一理あるかとは思いますが、大多数の意見はそりゃそうですよね…。

ちなみにこの後、ドタキャンされた飲食店の方のツイートが先方に伝わり、話し合うことになったとのこと。無事解決されることを祈るばかりです…。

それにしてもこの問題、みなさんはドタキャンした側とドタキャン相手の組織名を晒した飲食店側、どちらが悪いと思われますか?

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事