スシローがYouTuberに激ギレ!迷惑行為に法的措置も検討

46

2018.03.16

by yumi

イメージ画像

悪い人ばかりではないと分かっているんですが…こういう人がいるとやはり「YouTuber」自体が非難されてしまいかねませんね…。

今月6日、回転寿司チェーンのスシローの「回転レーンにカメラを置いて店内を撮影した動画」がYouTubeにアップされ物議を醸しました。

この件について、スシローが「法的措置も検討している」と声明文を発表しましたよ。

迷惑行為に法的措置を検討

YouTuberの迷惑行為と言えば、以前青木ケ原樹海で遺体を撮影したローガン・ポール氏をご紹介しましたが、その記憶が薄れる間もなくYouTuberによる迷惑行為がまたも行われてしまいました。

問題の動画は「TkyoSam」というYouTuberが今月6日に公開した「Camera Goes on Japanese Sushi Conveyor Belt – TROUBLE!!!(意訳:回転レーンにカメラを乗せたらトラブルに)」。

編集部にてモザイク加工

内容は回転寿司チェーン「スシロー」を訪れたTkyoSamが、回転レーンにGoPro(カメラ)を置き、他の客や店員、調理しているバックヤードを撮影したもので、ちょっと考えれば

  • スシローの許可なく撮影された
  • 食べ物を載せるところに、汚れているかもしれないカメラを置いた
  • 客や店員を勝手に撮影し公開した

と問題だらけなのが分かりますよね…。

この動画に批判が殺到したのか、「回転レーンにカメラを乗せたらトラブルに」という面白おかしくつけたであろう動画のタイトルは現在「回転レーンにカメラを乗せたら、日本人の生活の素敵な一面を映し出した(※意訳)」というタイトルに変更されています。

しかし動画自体の削除はされていません(TkyoSamの関係者と思われる別チャンネルで公開されています)。

そんな中、勝手に店内を撮影され店の評判も落としかねないこの事態にスシローは15日、

  • 掲載された動画は、当社が撮影ならびに撮影許可したものではない
  • 当該店舗については回転レーンを含め、清掃及び消毒を終了している
  • このような行為は許されることではなく、現在、警察当局に相談している
  • TkyoSamや、今後同じような行為を行った者に対しては法的措置を含めた対応を検討している

という内容の声明文を発表(全文はこちらから)。

ちょっとした悪ふざけなのに厳しすぎるのでは…と思う方もいるかもしれませんが、ローガン・ポール氏の時のGoogleの対応を考えると、おそらく今回もGoogleは大した対応は行わないでしょう。

しかし迷惑を被った側が法的措置などに出れば、今後このような迷惑行為を行うYouTuberは減っていくかもしれません。そう考えるとこの対応は間違っていないのではないでしょうか。

動画の再生数でお金を稼ぐYouTuber。迷惑行為以外で再生数を伸ばして欲しいものですね…。

ライターのひとこと

面白い動画もたくさんあるYouTubeだからこそ、こういった迷惑動画を放置しないで欲しいですよね…。

参考:スシロー
yumi
イメージ画像

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事