「顧客の前でキーボードを打つのはマナー違反なのか?」ネットで賛否両論

53

2018.02.06

by ともぞう

以前LINEでの欠勤連絡はありか?なしか?なんて話が話題になりましたが、今度は顧客との打合せ時にキーボードを打つのはマナー違反かどうかで議論をよんでいるようです。

PCでメモを取っていたら上司に注意を受ける

今や仕事でパソコンを使うのは当たり前ですし、打合せの時に議事録作成を兼ねてパソコンを広げたまま話をするなんてこともありますよね。

かくいう私もこういう仕事をしていますし、お客さんもIT系の業界の方になりますのでお互いパソコンを開きながらの打合せなんて当たり前だったのですが…

どうやらどこでもそうという訳ではなく、今回議論のきっかけとなった方の投稿によると打合せの際にパソコンでメモを取っていたところ、上司に注意されたとのこと。


投稿された方としては手書きのメモもパソコンと変わらないし、後で言った言わないの話になるのだからその場で記録しておいたほうがいいだろうという考え。

しかしながらこの方の上司の方によると、「顧客の目の前でキーボードを打つのは」お客さんの気分を害するだろうということなんですね。


おそらくこの上司の方からすると、パソコンの画面を見たままお客さんの顔を全く見ずに打合せするのは失礼だろうということだと思われ、それに賛同する反応もあったんですよね。


では、後々揉めないようにしつつ上司を尊重するなら、ボイスレコーダーなら良いかと言えば…


今度は録音するな、なんて場合もあるんですね…なんでしょうかこの八方ふさがり感。

結局、手帳やノートなどで打合せに望むのが波風経たずに済むという話になるのですが、技術的に色々進んだ今でもこういう話はなくならないというのは少し悲しい気がするのは私だけでしょうか。


似たような話で履歴書は手書きじゃないとってのもありますし、いまだになくならない印鑑文化などなど、そろそろ時代に合わせてビジネスルールも変わってきて良いと思うのですが、みなさんは打合せ中のパソコン、ありですか?なしですか?

ライターのひとこと

まーゆうてもある程度タッチタイピングで、相手の顔を見ながらでも入力できるのは前提だと思います。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事