ついに「本物のワイヤレス充電技術」が登場か!10m離れてても充電が可能

87

2018.01.20

by yumi

今月12日まで開催されていた世界最大の家電見本市「CES」にて、ついに「本物のワイヤレス充電」とも言える技術が披露されました!

米企業Ossiaが開発した「Cota®」というワイヤレス充電技術は、なんと10m離れていても充電可能とのこと。詳しくご紹介します!

これこそ本物のワイヤレス充電

さまざまな新しい技術や製品が一堂に会する世界最大の家電見本市「CES」。

その中で、米ワシントンに拠点を置くワイヤレス充電技術について研究・開発する企業Ossiaが、独自の充電技術「Cota®」を披露しました。

実は開発自体はもっと前なのですが、今回はより進化したCota®が発表されたとのこと。

このCota®はWi-Fiと同じ2.4Ghz帯域の電波を使用し、スマホやPCなどを遠隔で充電する技術。

iPhone等に搭載されている「Qi」とは違い、充電台にセットしなくてもOK。なんと10m離れてても充電ができるそうです。

実用レベルとして「2mの距離で2ワットの電力を提供」することを考えているとのことですよ。

現在iPhoneのワイヤレス充電は7.5ワットが最大となっているので、それと比べると充電速度は落ちそうですが…その場にいるだけで充電可能と考えると、速度はあまり関係ないような気もしますね。

ちなみに…その場にいるだけでOKなワイヤレス充電と言えば以前ご紹介した「WattUp」を思い浮かべる方も多いと思いますが、こちらの充電可能範囲は90cm。距離で言えばCota®が圧倒的となっています。

とは言え、どちらも同じようなワイヤレス充電技術の開発を進めているわけで、いよいよ私たちが「本物のワイヤレス充電」を使える日もそこまで来ている…のかもしれません。

どちらが先に世に出てくるのか楽しみですね!

ライターのひとこと

もちろんスマホの充電も楽になりますが、この技術が確立されれば今後すべての家電をコンセントに繋げたり、電池を変えたりする必要がなくなるかもしれないわけで…。

私たちの生活はもちろん、概念すら一変しそうですね!

ドコモのiPhoneをチェックする

 誰も見てないと思うけど、本当に良いよ。

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事