任天堂がコロプラを訴える!人気アプリ『白猫プロジェクト』が任天堂の特許を侵害か

35

2018.01.10

by yumi

任天堂が『白猫プロジェクト』や『魔法使いと黒猫のウィズ』でお馴染みのコロプラを訴えていたことが明らかになりました。

なんでも『白猫プロジェクト』にて任天堂の特許を侵害したことが理由だそうで…44億円の損害賠償を求めているそうです。

一体なにが「特許の侵害」と言われているのでしょうか?

任天堂の”アレ”にそっくりなゲームが原因?

コロプラは本日、昨年12月に任天堂から特許権侵害に関する訴訟を起こされ、今月9日に訴状内容を確認したことを発表しました。訴訟内容は簡単に言うと、

  • 特許権侵害による44億円の損害賠償請求
  • 白猫プロジェクトの差し止め

となっております。

さて、こうなると気になるのが「白猫プロジェクトの何が任天堂の特許を侵害していたんだ?」ってことなんですが…。

ユーザーの間で「これが原因じゃ?」と噂になっているのがこちら⇓

・・・・・

・・・

・・

_人人人人人人人人人人人人人_
>めっちゃマ◯オカートっぽい<
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

これは2016年6月頃に行われていたイベントで遊べたミニゲームだそうで…確かに任天堂の某レースゲームに酷似している気がします。

コロプラが「任天堂から2016年9月に特許を侵害しているとの指摘があった」と述べていることも、噂の信憑性を高めますね…。

ちなみに任天堂は5件の特許を侵害されたと主張しており、この5件のうちの1つは「タッチパネル上でジョイスティックを操作する際の技術の特許」とのこと。

その他4件の詳細や、その4件の中に噂のカーレースイベントが含まれるのかなどは分かっていませんが、裁判が進むにつれ明らかになっていくでしょう。

白猫プロジェクトはコロプラの稼ぎ頭で「課金売上ランキング2017」では149億円で9位にランクインするほど。差し止めとなってしまったらかなりの痛手となりそうです。

果たして任天堂とコロプラどちらが勝つのか、この後の展開に注目ですね…!

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事