2019年のiPhoneはバッテリーがめちゃくちゃ大きくなるらしい

44

2017.12.22

by yumi

おいおい、まだ2017年だっていうのに2年後の話かよ…と思われるかもしれませんが、2年後のiPhoneはかなりの変貌を遂げそうです。

なんでも現行のものよりも大幅に性能が向上した3DセンシングとAR技術が実装され、さらに大きなバッテリーが搭載されることになるのだとか。

2年後のiPhoneはバッテリーが大型化

これまでAppleに関するさまざまな予想を的中させてきたKGI証券アナリストのミンチー・クオ氏が、2019年のiPhoneについてこんな発言をしました。

  • 2019年と2020年のiPhoneは今のものより性能がアップした3DセンシングとAR技術が実装される
  • それにより消費電力も大きくなる
  • そのためAppleは、今すでにバッテリーの容量を大きくする方法を探っている

その機能が搭載されているとは言え、爆発的にブームとなっているかと言われると「う〜ん…」となってしまうARですが、Appleはこの先もまだまだ進化させることを考えているようです。

素人からすると「より現実感のあるゲームが作れるってことかな」ということぐらいしか想像できませんが、AppleはAR技術でなにを実現させようとしているんでしょうね。

さてバッテリーの大型化についてですが、詳細については語られていません。

しかしiPhone XではL字型に2つ搭載する形となっているバッテリーが、来年からはL字型はキープするものの1つのバッテリーになるのではないか、と言われています。

2つから1つになることで、バッテリー容量の増加が見込めるんだとか。

iPhone XのL字型に搭載された2つのバッテリー Photo by iFixit

アップグレードした3DセンシングやARで消費電力が上がるとのことなので、単純なバッテリー持ちについては微妙なところですが、なにしろ2年後ですからね。

今よりかなり進化したiPhoneが見られるのではないでしょうか…!

ライターのひとこと

個人的には、そろそろリチウムイオンバッテリーに代わる優秀なバッテリーが出てきてもいいんじゃないかなぁと思うんですけどね(ただの願望)。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事