【速報】LINEの「メッセージ送信取消機能」がついに使えるようになったぞ!

42

2017.12.13

先月中旬、LINEが「送信したメッセージを取り消せる機能を実装する」と発表していましたが、ついにその機能が使えるようになりました!

いや〜これで誤爆とはおさらばですねッ(´∀`*)

使い方などを含めご紹介します!

※12/13 15:25 追記あり

LINEに「メッセージ送信取消機能」がついに実装

LINEは本日、送り間違えてしまったメッセージやスタンプなどを24時間までなら取り消すことができる「送信取消機能」をリリースしました。

1対1のトークはもちろん、グループトークでのメッセージやスタンプも取り消すことができますよ。

取り消す方法は簡単で、取り消したいメッセージを長押し→「送信取消」をタップすればOK!

取り消した後はこんな感じで「メッセージの送信を取り消しました」と表示されますよ。

また、相手がメッセージを取り消した場合はというと、このように「◯◯がメッセージの送信を取り消しました」と表示されます。

これは既読・未読に関わらず表示されるようになっているため、「メッセージを送ったこと自体を知られたくない」というのはできませんのでご注意ください。

ちなみにホーム画面のバッジも連動しているようで、メッセージが取り消されたあとはバッジも消えることが確認できました。

取り消しが可能なのはメッセージやスタンプの他、

  • 画像
  • 動画
  • ボイスメッセージ
  • LINE MUSIC
  • URL
  • 連絡先
  • 位置情報
  • ファイル
  • 通話履歴

となっており、LINE最新バージョン(7.17.1)で利用可能。

もしもトーク相手がこのバージョン以下の場合、メッセージを取り消しても相手のトークからは消えないとのことなのでご注意くださいね!

ということでLINEの「送信取消機能」についてご紹介しました。ぜひご活用ください!

追記

本記事のコメント欄にて、

相手が未読であればメッセージを送った事自体気づかれないのか?→そうだと思う(あくまでも自分の環境では)


というやり取りがなされていますが、本記事にてご紹介している通り、

  • 相手が既読してからメッセージを取り消す
  • 相手が既読にする前(未読の時)にメッセージを取り消す

このどちらの場合もトーク画面に「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」という表示がされます。

そのため相手が未読の状態でも「メッセージを送り、それを取り消した」ということは分かってしまいますのでご注意ください。

※他の読者の方が混乱しないよう追記させていただきましたm(_ _)m

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事