3モデル用意される来年発売のiPhone、中間サイズは「価格が安い廉価版」になるかも

35

2017.12.07

まだ2017年ですが、来年のiPhoneの話です。

来年のiPhoneは、大きさ別に3つのモデルが登場するというのがもっぱらの噂ですが、そのうち中間サイズである6.1インチモデルはiPhone 7/7 Plusのような金属製の筐体になるとのこと。

さらにディスプレイもOLEDではなくLCD(液晶ディスプレイ)となり、価格抑えめの「廉価版モデル」となりそうですよ!

来年のiPhone、3モデルのうち1つは廉価版に?

実はこれまでも2018年発売のiPhoneについて噂はあり、その際は

  • 5.8インチ
  • 6.1インチ
  • 6.5インチ

の3モデルと言われていましたが、今回NIKKEI ASIAN REVIEWが「Appleの製品設計担当者」から得た情報によると、サイズは

  • 5.8インチ
  • 6.1インチ
  • 6.2インチ

の3モデルで、5.8インチと6.2インチはiPhone Xと同じOLED+筐体は背面がガラス+フレームがステンレススチールですが、6.1インチモデルについてはLCD(液晶ディスプレイ)+アルミなど金属製の筐体になるとのこと。

iPhone 8/8 Plus/Xがガラス+ステンレススチールフレームになったのはワイヤレス充電のためと言われており、これをiPhone 7/7 Plusと同じ金属製に戻すということは「6.1インチモデルはワイヤレス充電が搭載されない」ということだと考えられます。

さらにコストの高いOLEDではなくLCDになるので、価格はかなり抑えめになるでしょう。

また、6.1インチモデルはカラーラインナップも複数用意されるとのことで、もしかしたらiPhone 5cのような扱いになることも予想できますね。

今回の情報をまとめると、

  • 5.8インチ:iPhone Xの後継機
  • 6.1インチ:価格を抑えた廉価版
  • 6.2インチ:iPhone XのPlus版

となりますが…みなさんは買うとしたらどのモデルが欲しいですか?

ライターのひとこと

個人的にはiPhone Xのサイズがギリギリな気がするので、6.1も6.2もちょっと大きすぎるかな…という感じがしています。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事