【悲報】iPhone Xはホーム画面でバッテリー残量の%表示ができない

78

2017.11.04

Face IDの為に画面上部に切り欠きが付く形となったiPhone Xですが、その影響でバッテリー残量などの表示が犠牲になっていましたよ。

表示領域が狭くなったステータスバー

本日ついに発売されたiPhone Xの一番の特徴は、Touch IDを廃止してFace IDを搭載したこと。

その影響で完全ベゼルレスの全面液晶にはならず画面上部に切り欠きがついてしまった訳ですが、それによってステータスバーの範囲も狭くなったんですよね。

ここまでは良かったんですが、おそらく誰もが設定しているであろうバッテリー残量の%表示にしようとしたらですよ…なんとあるはずのバッテリー残量表示設定がない!!

iPhone 7で設定 ⇒ バッテリーで開くと、あった設定が完全に消えてしまっております。

これはさすがに不便…じゃあ%表示で見る方法はないのかというと、コントロールセンターを表示した時に自動的に切り替わるようになっていました。

またホーム画面1画面目を右スワイプで表示されるウィジェットにバッテリーの項目を表示させれば、iPhoneと接続しているBluetooth機器のバッテリー残量は確認可能。

まあどっちにせよバッテリー残量を確認するには、ひと手間増えてしまったということですね。

さらに位置情報を使っている場合の表示などアイコンのアイコンに関しては、iPhone 7までならこんな表示だったのですが、

iPhone Xではホーム画面やアプリ起動時に表示されるのは、位置情報利用時のアイコンだけになってしまいました。

こちらもバッテリー残量同様に、iPhone Xではコントロールセンターを表示した時のみの表示になっております。

Face ID搭載に伴ってTrueDepthカメラを搭載する必要があったのは分かるのですが表示領域が狭くなる分、ユーザーが表示内容を選べたり何かしら工夫は欲しかったですよね。

せめてもバッテリー表示に関しては、バッテリーのアイコン画像か数字の%表示のみかを選べるように今後のiOSのアップデートで改善されることを祈ります。

ライターのひとこと

ロック画面開いた瞬間にバッテリー残量が見られないというのが、今のところiPhone X唯一の不満になりました。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事