知らない方がいい…iPhone Xの端末費、約12万を他のことに使ったら何ができる?

108

2017.09.16

ども!ともぞうです。

先日のAppleスペシャルイベントで発表されたiPhone Xは全画面液晶にFace IDなど今までにない仕様で魅力的な反面、端末代金が高額になったことも話題になっていますよね。

そんなiPhone Xですが、その金額の高さからスマホなのにパソコン買える値段かよ…なんて感想もよく聞かれたので、じゃあその金額を他のことに使ったら一体何ができるのか調べてみましたよ!

最新のiPhoneは12万円から

Android端末で拘らなければ1万円で買える時代に、Appleが発表したハイエンドモデルは安いモデルでも約12万円からとさすがに驚いた方も多かったハズです。

でも最新モデルだし顔認証試したいし…やっぱり買うなら8よりXだよな〜なんてついつい値段忘れて考えてしますのですが…

冷静に考えると12万円なんですよね…確かに毎日使うし使用頻度で行けば身の回りの中ではぶっちぎりな訳ですが、されど12万

ふとですね「この12万を他のことに回したらどんなものが買えたり、どんなことができるんだろう?」と思いまして、調べてみることにしました。

これを考え出したらキリが無いのですが、たまにはスマホの代金がどれくらいの価値のものと同等の値段なのか考えて見るのもいいですよ。

12万円で買えるノートパソコン、デスクトップ

トップバッターはiPhoneが10万オーバーになったころから言われている、「もうパソコンと値段変わらないじゃん」…という声。

では具体的にAppleサイトで見てみると…

13インチMacBook Airなら106,704円(税込)で買えちゃう!

さらに21.5インチiMacまでもがちょっと12万を超えてしまいますが、130,464円(税込)で購入できちゃうんですね。

分かってはいましたが、いくら最先端の技術を盛り込んで日常的に使うとはいえ、ノートパソコンだけでなくデスクトップと価格がほぼ変わらないって…恐ろしや。

12万円で買える一眼レフカメラ

さてパソコンに続いては、スマホの写真もそこそこのレベルになってきて「一眼レフカメラを持ち歩かなくても」…なんて聞くので、12万円くらいで買えるカメラを探してみると…。

Canonのエントリーモデルの1つと言われる、「EOS Kissシリーズ」の最新モデルが買えちゃうじゃないですか。

しかもダブルズームレンズキットなので望遠レンズ付いており、これだけあれば当面困ることはないというセットとなっております。

iPhone Xのカメラは確かに従来のカメラから大幅進化しているとはいえ、光学ズームは2倍止まり。やはり本格的に撮影するなら一眼レフですが、これと同じ値段なんですよねスマホが…。

商品について詳しく
Amazon.co.jp: Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i ダブルズームキット

12万円で買えるドローン

12万円もあれば普通には絶対撮影できない空撮映像なども楽しめるドローン。

12万円くらいで買えるモデルを調べてみると…ドローンメーカーとして有名なdjiの折りたたんで収納もできる「Mavic Pro」が、129,800円というお値段で見つかりました。

こちら通信距離は4km、飛行時間は27分に加え、1200万画素のカメラを搭載し4k撮影が可能ながっつり本格仕様となっております。

動画を見て頂くと分かるのですが、さすがに12万円も出すとこんなすごいドローンが買えちゃうんだとびっくりしますよ。

商品について詳しく
dji-Mavic Pro

12万円で買える高級家電

さてさてここまではどちらかというと、ザ・ガジェットなものをお送りしていましたがここで高級家電にも目を向けてみたいと思います。

昨今は家電の製品傾向の1つとしてコスパのよい低価格モデルと高級志向の効果価格帯に分かれており、その中でも探してみてびっくりしたのがこちらの炊飯器。

お値段なんと…¥118,510(税込)!たっかw

内釜がこだわりの「本炭釜」でかまどごはんのおいしさが売りのようなのですが…普通の炊飯器とどれだけ違うのがぜひ食べ比べてみたいものです。

商品について詳しく
三菱電機 ジャー炊飯器:本炭釜 KAMADO NJ-AW108

12万で行ける旅行

高級家電と来て12万円なら旅行も結構ガッツリいけるんじゃないかと、H.I.Sさんのサイトで調べてみると…きましたスペイン8日間の旅

しかも飛行機ホテル代だけでなく、11回分の食事付きでこの値段ですからね。

海外旅行の思い出…プライスレス!

12万で豪華空の旅

旅行に続いては、まず普通なら体験することがないであろうヘリの遊覧飛行…しかも貸し切り!

探したらあるもので、14万円とちょっと高くなりますが20分間貸し切りで横浜から出発して江ノ島まで空の旅が楽しめるというプラン。

これがiPhone Xを我慢すれば体験できる…って無理ーw

さらに詳しく
コース・料金|Yokohama Sky Cruise

庶民のお菓子を12万円分買うと…

ここまでそんな比較、無意味…と思う方もいらっしゃったでしょう。そんな方に皆さんもよくご存じの身近なお菓子で最後12万円分の価値を見てみたいと思います。

1つ目は、安いおかしのド定番「うまい棒」。

一本10円なので消費税なども含め計算すると、iPhone X分の値段で買えるのは11,280本分

もう意味が分からない本数になっていますが、これを1日1本づつ食べていくとすると…11,280 / 365日 でなんと30年ww

さ・ら・に!私の大好きなブラックサンダーで計算してみると、

4,420個買えて、1日1個づつ食べていくとそれでも12年も食べ続けられる計算に!w

だからなんだという感じが満載なんですが、改めて12万円って…結構な金額だなと。

まとめ

こうやって改めて12万円分で何が買えるか、何ができるかを調べてみると思った以上にいろんな事ができるんだなあと思います。

キャリアで契約しちゃうと分割の上に毎月割があるので気が付かないですけど、性能の向上に伴いこれからもさらに値段が上がっていくかもしれないと思うと恐ろしいですね。

ちなみにこんな風に比較しようが結局新しいiPhoneは触ってみたいので、私は買っちゃいますけどねw

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事