Apple Watch Series 3発表!ついにApple Watch単体でLTE通信が可能に

26

2017.09.13

こんにちはkimiです。

今回のスペシャルイベントではiPhone以外にもApple TVやApple Watchの発表もありました。

中でもセルラーモデルが登場したApple Watchは、単体でLTEの通信に対応しより魅力的なものになっています。

単体で通話やメッセージを送受信できるようになったApple Watch。早速詳しく見ていきましょう!

もうiPhoneなんていらない!?

今回発表された「Apple Watch Series 3」で一番大きな進化が、Apple Watch単体で携帯電話の通信を利用できるようになったモデルが登場したということ。これは噂通りでしたね。

これまでiPhone頼みだった通信がiPhoneから独立し、電話やメッセージの送受信、マップアプリもApple Watchのみで片付きます。

とは言えiPhoneのようなSIMカードは必要なく、電子的なSIMを内蔵するとのこと。また、ディスプレイ全面がアンテナになっているそうです。工夫が凝らされていますね。

横から見たデザインはこんな感じ。デジタルクラウンに赤いワンポイントが入るようになりましたが、これについてはTwitterなどで賛否両論となっているようですねぇ…。

さらに、Apple Musicによるものと思われますが4,000万曲の音楽をストリーミングで聴くことも可能に。

AirPodsやSiriと組み合わせることで、話しかけるだけで好みの音楽を楽しむことができます。

またApple Watchは「健康のためのデバイス」としても使われますが、その新機能として

  • 安静時
  • 歩行時
  • ワークアウト後

の心拍数を一日中測定し続けるように。これにより、安静時の十分間に測定された心拍数が基準値を上回った場合もアプリが知らせてくれるのだそう。

そして新しい「W2」チップが採用されることで、Wi-Fi通信が80%高速化され、エネルギー効率が50%効率化されているとのこと。

価格は

  • LTE通信に対応しない「GPSモデル」が税別36,800円から
  • LTE通信に対応する「GPS + Cellularモデル」が税別45,800円から

となっています。9月15日に予約受付を開始し、9月22日に発売されますよ。

日本ではドコモとauとソフトバンクが提供するとのことで、LTE通信の料金が気になるところですね…!

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事