必要かな?iPhoneがAndroidを超えるために必要な6つの機能が検討される

90

2017.08.22

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

iOSとAndroid、スマホの2大OSとして世界中で広く使われていますが、シェア的にはAndroidの圧勝というのが現状ですね。

そんな状況を見て、「iPhoneがAndroidを超える為に必要な6つの機能」というのが検討されていたので、ご紹介させていただきます。

むしろいらない気がする

直感的で初心者にも優しいiOS、カスタマイズ性や端末の種類が多く個性を出せるAndroid、皆さんそれぞれ好きな方を使っていますね(この記事を読んでいるならiOSを使ってる人が多いでしょうが)。

ハードウェア的に多機能ではないiPhoneは、それだけで一定のユーザ層(珍しい機能好き、など)を獲得できないと言われています。

Appleは単純な使いやすさを最優先に機能数を絞った上で、最新の技術を盛り込んだモデルをリリースする傾向があるのですが、それでも「物足りない」と言われることもしばしば。

それを鑑みてか「iPhoneがAndroidを超える為に必要な6つの機能」というものが検討されていましたので、順に見ていきましょう。

最初に提案されたのはiPhone 8に搭載の噂がある「急速充電」、Androidには「Snapdragon」と呼ばれるチップセットを搭載した機種が多く、5分の充電で5時間も使用できる急速充電技術もリリースされています。

2つめは「飛散防止スクリーン」、iPhoneの表面はガラス素材で透明度の代償に割れやすく(それでも以前よりはかなり割れにくい)、割れない素材(例:プラスチック)を採用すべきとの声も。

3つめは「microSDスロット」、iPhoneは内臓ストレージのみを使用することで堅実な容量を確保していますが、拡張もできデータの物理的やりとりのできるmicroSDを利用したいとの声はかなり多いですね。

4つめは「高解像度カメラ」、iPhoneでは現在12メガピクセルのカメラを採用していますが、例えばXperia XZなら23メガピクセルとほぼ2倍近い解像度のカメラが搭載されています。

5つ目は「RAMの追加」、RAMとはわかりやすく言えばスマホの作業台で、RAMの容量が大きければ大きいほど作業効率が向上し、システムの安定性とアプリの並列使用などが可能に。

最後は「ディスプレイに接続してPCとして使えるようになる機能」、Galaxy S8シリーズは『Samsung DeX』をインストールし専用の機器に接続することで、まるでPCのように使う事が可能です。

まとめ

いかがでしたか?

最初の「急速充電」については筆者も欲しい機能ではあると思うのですが、他の5つについては搭載しても「iPhoneとしての魅力」にはならず、またハードウェアの数だけ価格が高騰する気がします。

現状Androidとははっきりと差別化できているのでこれらの機能は必要ないと思うのですが、皆さんは必要だと思います?

参考:GEARS OF BIZ

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事