【LINE】新機能やリニューアルが目白押し!イベントでの発表内容をまとめてチェック

21

2017.06.16

by yumi

こんばんは、yumiです。

昨日6月15日、LINEが1年に一度の大規模なイベント「LINE CONFERENCE 2017」を開催しました。

今や私たちの生活に欠かせないものとなっているLINEですが、今後どのような進化を遂げるのでしょうか?

ということで本記事では、LINE CONFERENCE 2017の発表内容をまとめてご紹介します!

トーク

まずはトークでの新機能やリニューアルについて。

カメラに顔認識機能を搭載。若者の間で人気のアプリ『SNOW』のようなエフェクト・フィルター加工ができるようになるそう。

さらに複数の写真をまとめ、BGMやエフェクトをかけて友だちと共有する「スライドショー」も登場するようです。

他にも、トークルーム内の友だちに向けてライブ動画配信ができる「チャットライブ機能」や、トークルームのメニューをカスタマイズできる「チャットアプリプラットフォーム機能」が提供予定。

特にチャットアプリプラットフォーム機能はトークルームごとに好きなアプリやプラグインをインストールできるので、使い勝手がさらに良くなりそうですよ。例えば

  • トーク内にいる友だちとイベントを立てる(リマインドしてくれたり、出欠もとれる)
  • LINEゲームを一緒にプレイ

などができるとのこと。

▼各機能のリリース予定

  • カメラ:今夏
  • スライドショー:未定
  • チャットライブ:今夏
  • チャットアプリプラットフォーム:2017年内

タイムライン

また、トーク上だけでなくタイムラインにも新機能が。

「ストーリー」と言われるこの機能は、タイムライン上に動画を簡単に投稿したりライブ動画配信ができるようになるというもの。

これまでよりもリアルタイムなコミュニケーションを楽しめるようになるそうです。

▶リリース予定:未定

タブ

今年2月に新しくできた「ニュースタブ」は、「ポータルタブ」へと変更。これまではニュースが読めるだけでしたが、ポータルタブでは

  • 天気
  • 占い
  • 電車の運行情報

など、個人個人に合わせた情報が表示されるように。マンガや音楽などさまざまなコンテンツにもアクセスできるようになるそうです。

そして現在タブの一番右にある「モアタブ(スタンプショップや設定などがあるタブ)」は、「ウォレットタブ」に変更。

ここではLINE Payの送金や決済、残高確認ができるほか、さまざまなショップやレストランなどのポイントカードやクーポンを管理できるようになるとのこと。

さらに「2017年内にはLINE Payの送金機能を本人確認することなく利用できるようにする」そうですが…これはどのように実現するのかは不明です(法律的に難しいような…?詳しくはこちら

▼各機能のリリース予定

  • ポータルタブ:2017年内
  • ウォレットタブ:2017年内

行政との連携

以前から報道されていた、マイナンバーを登録すると利用できるオンライン行政サービス「マイナポータル」との連携も発表されました。

具体的な利用方法としては、マイナポータルのLINE公式アカウント「マイナちゃん」とのトークを通じて、全国の行政サービスに横断的に検索できるようになるとのこと。

マイナちゃんとのトークではあくまでマイナポータル上にある希望のサービスを検索するのみで、サービスが見つかればLINEからマイナポータルに移動、という形になるそうですよ(そのためLINEでマイナンバーや氏名などの個人情報を入力は必要ありません)。

▶リリース予定:2017年内

LINEショッピング

LINE上で家電やインテリア、ファッション、雑貨など100を超える企業やブランドの商品が買える「LINEショッピング」が登場。

欲しい商品を見つけたら販売元のサイトに移動して購入という形ですが、LINEショッピングを経由して購入することにより購入金額の最大20%のLINEポイントが貰えるとのことですよ。

▶リリース予定:すでに利用可能(6月15日より)

LINEデリマ

LINE上からさまざまなフードを注文できる「LINEデリマ」。宅配ポータルサイト「出前館」に掲載されている1万5,000店舗のフードを、位置情報やカテゴリから選んでオーダーできるんだとか。

将来的には生鮮食品や日用品、医薬品なども頼めるになるそうです。打倒Amazon…?

▶リリース予定:今夏

LINE LIVEプレーヤー in LINE

動画サービスの「LINE LIVE」を使うにはLINEとは別のアプリが必要でしたが、今後はLINE内に「LINE LIVEプレーヤー」を搭載し、視聴やコメントの投稿が可能になるとのこと。

さらにLINE LIVEにYouTubeではお馴染みのインストリーム広告(動画の前後に再生さえる動画広告)をつけることにより配信者への特典も増えるとか…。YouTuberならぬLINE LIVERが増える…のでしょうか?

▶リリース予定:2017年内

AIスピーカー

そして最後に発表されたのはAIスピーカー「WAVE」などの3機種。こちらに関して詳しくは以下の記事で紹介しておりますので、ぜひそちらをチェックしてみてください。

LINEが「AIスピーカー」発表!いきなり3機種を今秋リリースする模様

ということで

以上、LINE CONFERENCE 2017で発表された内容をご紹介しました。いや〜盛りだくさんでしたね…!

革新的というよりは、これまでバラバラだったものが1つになり、LINEだけででできることが増えた…という感じでしょうか。

「LINEは連絡手段の1つとして利用しているのみで、LINEマンガやその他サービスなど今までは利用していなかった」という方も、これがLINE1つで出来るようになると使う機会が増えるかもしれませんね!

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事