Amazon、生鮮食品販売「Amazon Fresh」を本日より開始!気になる料金と品揃えは?

2017.04.21ニュース

こんにちは、yumiです。

先日報道されていた通り、Amazonが生鮮食品販売「Amazon Fresh」を本日より開始しました。

一部地域に限られますが、なんと最短4時間で配達されるとのこと。気になる品揃えや価格はどうなっているのでしょうか?

品揃えや価格は?

本日より開始された「Amazon Fresh」。17,000点以上の生鮮食料品、そして100,000点以上の日用品を届けてくれるサービスです。

取り扱われている商品の価格は、例えば卵なら10個入り(Lサイズ)で230円ほど。安いスーパーマーケットならば180円ほどと考えるとやはり割高感はありますね。

とは言え冷凍食品や惣菜などの取扱もあり、種類も豊富。仕事が忙しい人やスーパーマーケットが近所にない人にとっては重宝しそうです。

また、「Amazon Fresh」ではスーパーマーケットで手に入れられる一般的な食品のほか、

  • 人形町今半の黒毛和牛切り落とし
  • 聘珍樓の肉まん
  • パティスリーモンシェールの堂島ロール

など、専門店27店のグルメも取り揃えられていますよ。

さて、気になるのはこの「Amazon Fresh」を利用するための料金ですよね。すでにサービスが開始されているアメリカでの利用料金は年間299ドル(約3万2,000円)でしたが…。

日本の場合、まずはプライム会員に加入していることが必須。そしてプライム会員費とは別に月額500円が発生します。

プライム会員費は年間で3,900円なので、Amazon Freshを年間を通して利用した場合の料金は、月500円×12ヶ月+3,900円=9,900円に。ギリギリ1万円を切る感じですね。

また、1回あたり6,000円以上購入すると無料になりますが、それ以下の場合は500円の配送料がかかってくるそうです。

現在Amazon Freshの対象地域は、東京の

  • 港区
  • 千代田区
  • 中央区
  • 江東区
  • 墨田区
  • 江戸川区(一部エリアを除く)

となっています。配送時間は午前8時〜深夜0時までの間、2時間ごとのお届け時間帯から指定が可能で、最短4時間で商品を受け取れるそうですよ。

また、生鮮食品ということで宅配ボックスの利用や再配達は不可。手渡しのみで、もし手渡しできない場合は注文がキャンセルとなるそうなのでご注意ください。

プライム会員の方は30日間の無料体験ができるとのことなので、対象地域にいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

Amazon Freshをチェックしてみる
(品揃えを見てみたい対象地域外の方は、対象地域の郵便番号「100-0000」などを入力してくださいね)

関連する記事

Siri擬人化マンガを一気読みしませんか?